『アナトール』シュニッツラー


オーストリアの小説家
シュニッツラーの代表作
アナトール(答)
57%


アナトール・フランスの小説を
原作とする、作曲家ジュール・
マスネのオペラで、特にその中の
『瞑想曲』が有名なのは何?
ドリス
センー
タイナ
タイス(答)

連想
1921年ノーベル文学賞受賞
『エピクロスの園』
『タイス』
『神々は渇く』
アナトール・フランス(答)


アナトール・フランスの小説
『タイス』の主人公である修道士
パフニュス(答)
Paphnuce


次の人物を
主人公とした小説を
書かれたのが
古い順に選びなさい
ヴァルモン子爵 ラクロ「危険な関係」1782
ラスコリニコフ ドストエフスキー「罪と罰」1866
エヴァリスト・ガムラン アナトール・フランス「神々は渇く」1912
フレデリック・ヘンリー ヘミングウェイ「武器よさらば」1929
アントワーヌ・ロカンタン サルトル「嘔吐」1938
ホールデン・コールフィールド サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」1951
ハリー・アングストローム アップダイク「走れウサギ」1960


高校の理科の実験ではおなじみの
「BZ反応」に名を残す2人の
化学者はボリス・ベロウソフと
アナトール・○○○○○○○○?
ンキャスジチーボ
ジャボチンスキー(答)
「アナトール・ジャボチンスキー」

アルトゥル・シュニッツラー(Arthur Schnitzler, 1862年5月15日 – 1931年10月21日)は、オーストリアの医師、小説家、劇作家。アルトゥーア・シュニッツラーとも表記される。ユダヤ系だがキリスト教徒である。
フランス文学の影響下にあった青年ウィーン(英語版)(若きウィーン、Jung Wien)の一員。憂愁・繊細美を特徴とするといわれるウィーン世紀末文化の雰囲気を基調に、鋭い心理分析と、洗練された印象主義的技法によって恋愛と死を描写した。新ロマン主義の中でも最も有能な人物の一人である。
代表作は、『アナトール』『輪舞』など。
引用元:アルトゥル・シュニッツラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%A9%E3%83%BC

シュニッツラー【Arthur Schnitzler】

1862‐1931
オーストリアの作家,劇作家。ウィーンに生まれた。父は医師。ウィーン大学で医学を修め,医師になる。催眠術と深層心理学に関心をもち,これが作家としての方法に影響を及ぼした。戯曲では,七つの一幕物からなる《アナトール》(1893)が,小人数の会話に人物の揺れ動く内面を優雅で淡い憂鬱なタッチで描き,世紀末ウィーンの雰囲気をアイロニカルに映し出した。続いて《恋愛三昧》(1895)のはかない恋,《緑のおうむ》(1899)の仮象と現実の交錯する奇怪な世界,そして10人の人物が2人ずつ登場し,生の倦怠を表現しつつ各場面をつなぐ《輪舞》(1900)と,微妙な陰影に富む作品が生まれた。
引用元:シュニッツラー(シュニッツラー)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%A9%E3%83%BC-78073