おちえつじん越智越人


「蕉門十哲」の一人に数えられる
江戸時代の俳人です
越智越人
おちえつじん(答)
43%

007vmycALf
次の文字列を組み合わせて
江戸時代に「木門の十哲」と
呼ばれた木下順庵の弟子の
名前にしなさい
服部───寛斎
祇園───南海
向井───三省

130fgRHcSk
蕉門十哲の一人に加えられる
こともある江戸時代前期の俳人
服部土芳
はっとりとほう(答)


芭蕉が「東三十三国の俳諧奉行」と呼んだ、「蕉門十哲」の一人
杉山杉風
すぎやまさんぷう(答)

CIMG2142znaDkTnlwFiv
松尾芭蕉の『おくのほそ道』の
出発地となった場所です
採荼庵
さいとあん
引用元:其角「夕涼み」よくぞ男に生まれける http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/18053/

越智越人 おち-えつじん

1656-? 江戸時代前期-中期の俳人。
明暦2年生まれ。生地越後(えちご)(新潟県)をでて,名古屋の俳壇にはいり松尾芭蕉(ばしょう)に入門。蕉門十哲のひとりとして活躍したが,のち師からはなれ,晩年に俳壇に復帰した。享保(きょうほう)の末ごろ80歳前後で死去。通称は十蔵。別号に負山子,槿花翁。著作に「不猫蛇(ふみょうじゃ)」,編著に「猫の耳」など。
【格言など】ちる時の心やすさよけしのはな(「猿蓑」)
引用元:越智越人(おち えつじん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%B6%8A%E6%99%BA%E8%B6%8A%E4%BA%BA-17790