用言「動詞」「形容詞」「形容動詞」


次の日本語の品詞のうち
活用をするものを
全て選びなさい
形容詞(答)
助動詞(答)
感動詞
40%

品詞(ひんし、英: parts of speech[1])は、単語を文法的な機能や形態などによって分類したもの。

>日本語の品詞[編集]
「日本語#品詞体系」も参照
日本語においては、さまざまな品詞分類が試みられている。ここでは、学校教育の現場で教えられ、一般に広く知られているいわゆる学校文法の例について紹介する。学校文法では、品詞を自立語か付属語か、活用の有無、活用の形態などによって以下のように分類する。
自立語 – 単独で文節を構成できる品詞

活用するもの (特に用言と言う)
動詞
形容詞
形容動詞(学校文法では品詞として立てているが、学校文法以外まで視野を広げると、品詞として認めるかどうかは意見が分かれている)
引用元:品詞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%81%E8%A9%9E

変形するかしないか。

分かりやすいのは、とりあえず「ない」を付けてみる事。

たとえば
「勉強(名詞)」→「勉強」ない 意味が通じない=活用しない
「美しい(形容詞)」→「美しく」ない 「美しい」と言う単語が「美しく」に変化した=活用がある
「行く(動詞)」→「行か」ない 「行く」と言う単語が「行か」に変化した=活用がある
「そして(接続詞)」→「そして」ない 意味が通じない=活用しない
引用元:品詞で活用があると活用がないとありますがどゆう意味ですか?解りやすく教… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1229276957