「ラファエル前派」イギリス「デ・ステイル」オランダ


次の絵画の一派と
結成された国の正しい組み合わせを
選びなさい
ブリュッケ───ドイツ
ラファエル前派───イギリス
デ・ステイル───オランダ
43%

141PFAshXt
クリスチャン・ドートルモン
アスガー・ヨルン
カレル・アペル
ピエール・アレシンスキー
ラファエル前派
ブリュッケ
コブラ(答)
バルビゾン派

CIMG5492
次の文字列を順に選んで
ラフェエル前派の画家の
名前にしなさい
ダンテ
ゲイブリエル
ロセッティ
引用元:「コブラ」西欧現代美術のグループ名「ヨルン」「アペル」「アレシンスキー」ら 各都市の頭文字から http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/21346/

ラファエル前派(ラファエルぜんぱ、Pre-Raphaelite Brotherhood)は、19世紀の中頃、ヴィクトリア朝のイギリスで活動した美術家・批評家(また時に、彼らは詩も書いた)から成るグループである。19世紀後半の西洋美術において、印象派とならぶ一大運動であった象徴主義美術の先駆と考えられている。
引用元:ラファエル前派 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%89%8D%E6%B4%BE

ブリュッケ(独: Die Brücke、英: Die Brücke)とは、ドイツ表現主義に属するドレスデンのグループ。1905年に結成。1913年にメンバーが対立し解散。
引用元:ブリュッケ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%B1

デ・ステイル
ですている
De Stijl

20世紀の新様式を目ざして1917年、オランダのモンドリアン、ドースブルフ、彫刻家ファントンヘルロー、建築家アウト、同リートフェルトらが結成したグループ、およびその運動。デ・ステイルはスタイル(様式)の意で、同名の機関誌を17年10月に創刊し、ドースブルフが編集にあたった。メンバーのほかアルプ、マン・レイ、シュビッタース、クープカらも寄稿している。グループはモンドリアンの新造形主義にのっとって、絵画、彫刻、建築、デザインなどの諸分野にわたって幾何学的、構成的な抽象表現を追求し、視覚の革新と芸術の総合を目ざした。20年機関誌はバウハウスに紹介され、モンドリアンとドースブルフはそこから著書を出している。21年ドースブルフを中心にヨーロッパ各地で講演会を催し、運動は国際的に大きな反響をよんだ。機関誌は28年に刊行が中断されたが、ドースブルフの死後の32年1月、夫人の編集による彼の追悼号を最終号として発行した(通巻90号)。[野村太郎]
引用元:デ・ステイル(デ・ステイル)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%AB-100948