ルドゥテ『バラ図譜』


「バラの画家」と呼ばれた
ベルギーの画家です
ルドゥテ(答)
「ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ」
Pierre-Joseph Redouté
32%

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ (Pierre-Joseph Redouté、1759年7月10日 – 1840年6月20日)は、南ネーデルラント出身のベルギーの画家、植物学者。 ユリやバラなどの植物を描いた博物画を多く残しており、「バラの画家」「花の画家」として知られる。 銅版画による多色刷り印刷を確立した人物と言われる場合もあるが、彼の作品はすべて手彩色による修正が施されている。

ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌがマルメゾン城にバラ園を営み、世界中からバラを蒐集していることを知ったルドゥーテはバラの絵を描く事を思い立ち、ジョゼフィーヌからバラ園の出入りの許可を得た。以来、ルドゥーテはマルメゾン城のバラや他の植物の絵を描くことになった。
ルドゥーテはいくつかの植物図譜を著すが、その中でも「バラ図譜(Les Roses)」は最高傑作と言われる。
「バラ図譜」はジョゼフィーヌの死後の1817年から1824年にかけて全3巻に分けて出版される。「バラ図譜」には169種のバラが精密に描かれ、芸術的価値だけではなく植物学上も重要な資料となっている。
「バラ図譜」の原画は1837年にベリー公妃マリー=カロリーヌの口利きで国家に買い上げられることとなるが、1871年のルーブルの図書館の火災で消失したと言われている。
引用元:ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%86

植物画の最高傑作ともいわれる『バラ図譜』を当時の初版本より復刻。169点の絵柄を1ページに1点ずつ掲載した、美しい画集。原本は、多色刷りの銅版画に手彩色をほどこしたもの。


単行本
レローズバラズフフキュウバン
Les Roses バラ図譜 【普及版】
ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ 著

この本の内容
植物画の最高傑作ともいわれる『バラ図譜』を当時の初版本より復刻。169点の絵柄を1ページに1点ずつ掲載した、美しい画集。原本は、多色刷りの銅版画に手彩色をほどこしたもの。

著者
ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ (ルドゥーテ,P=J)
ベルギー出身の画家(1759-1840)。フランスの宮廷画家として活躍し、バラの画家、花の画家とも呼ばれる最も高名な植物画家である。1789年王妃マリーアントワネットの博物蒐集室付素描画家に任命され、さらに1798年ナポレオン1世の皇后ジョセフィーヌにマルメゾン宮殿に招かれる。ただ単に植物画として正確な図を描いただけではなく、その芸術性が大変高く評価され、今日に至ってもなお植物画の世界にルドゥーテの絵は大きな影響を与え続けている。2009年に生誕250年を迎える。
引用元:Les Roses バラ図譜 【普及版】 :ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ|河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309255484/