「聖武天皇」文武天皇の第1皇子


文武天皇の第1皇子
墾田永年私財法を制定
国分寺・国分尼寺
東大寺の大仏
天正天皇
天武天皇
聖武天皇(答)
元明天皇
74%


次のうち
京都にある建物を
全て選びなさい
(画像選択肢)
1東大寺
2東寺(答)
3中尊寺
4金閣寺(答)

067XIEGFyO
次のうち、奈良時代に即位した
天皇を全て選びなさい
元正天皇(答)
推古天皇 飛鳥時代
孝明天皇 江戸時代
聖武天皇(答)
孝謙天皇(答)
後白河天皇 平安時代
引用元:奈良時代の天皇「元明天皇」「元正天皇」「聖武天皇」「孝謙天皇」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21934/

012FcJXjKRRcl
第46代天皇
父は聖武天皇
史上初の女性皇太子
重祚して称徳天皇に
持統天皇
孝謙天皇(答)
元明天皇
推古天皇
引用元:「孝謙天皇」 父は聖武天皇 女性天皇 重祚して称徳天皇へ 女性天皇初代「推古天皇」現在最後「後桜町天皇」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/7820/

097egbAQjY
皇位を後継者に譲った天皇を
「上皇」といいますが
これは何という言葉の略?
神大院太臣
天人上政皇
太上天皇(答)

文字パネル
天皇の祖母にあたる先々代の天皇の皇后を何という?
太皇太后(答)
たいこうたいごう
引用元:「太上天皇」上皇の正式名称 「平城(へいぜい)」上皇「薬子の変」で嵯峨天皇と争い出家 『凌雲集』嵯峨天皇が編纂指示 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/17496/

聖武天皇(しょうむ てんのう、大宝元年(701年) – 天平勝宝8年5月2日(756年6月4日)[1]、在位:神亀元年2月4日(724年3月3日) – 天平勝宝元年7月2日(749年8月19日))は日本(奈良時代)の第45代天皇。即位前の名は首皇子(おびとのみこ)。 尊号(諡号)を天璽国押開豊桜彦天皇(あめしるしくにおしはらきとよさくらひこのすめらみこと)、勝宝感神聖武皇帝(しょうほうかんじんしょうむこうてい)、沙弥勝満(しゃみしょうまん)とも言う。文武天皇の第一皇子。母は藤原不比等の娘・宮子。

>天平年間は災害や疫病(天然痘)が多発したため、聖武天皇は仏教に深く帰依し、天平13年(741年)には国分寺建立の詔を、天平15年(743年)には東大寺盧舎那仏像の建立の詔を出している。これに加えてたびたび遷都を行って災いから脱却しようとしたものの、官民の反発が強く、最終的には平城京に復帰した[4]。 また、藤原氏の重鎮が相次いで亡くなったため、国政は橘諸兄(光明皇后とは異父兄にあたる)が執り仕切っていた。天平15年(743年)には、耕されない荒れ地が多いため、新たに墾田永年私財法を制定した。しかし、これによって律令制の根幹の一部が崩れることとなった。天平16年閏1月13日(744年3月7日)には安積親王が脚気のため急死した。これは藤原仲麻呂による毒殺と見る説がある。
天平勝宝元年7月2日(749年8月19日)、娘の阿倍内親王(孝謙天皇)に譲位(一説には自らを「三宝の奴」と称した天皇が独断で出家してしまい、それを受けた朝廷が慌てて手続を執ったともいわれる[5])。 譲位(太上天皇)した初の男性となる。

>天平勝宝4年4月9日(752年5月30日)、東大寺大仏の開眼法要を行う。天平勝宝6年(754年)には唐僧・鑑真が来日し、皇后や天皇とともに会ったが、同時期に長く病気を患っていた母の宮子と死別する。天平勝宝8年(756年)に天武天皇の2世王・道祖王を皇太子にする遺言を残して崩御した。戒名は、勝満。
引用元:聖武天皇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87