「駿河問い」駿府町奉行彦坂久兵衛 両手足首を背面で縛って吊るす


拷問の一種
彦坂久兵衛が考案
両手首と両足首を後ろで縛る
吊り上げて背中に石を乗せ回転
算盤責め
駿河問い(答)
海老責め
塩責め
32%


拷問の一種
両足首をあごにつけて縛る
両手を背後で縛り上げる
あぐらを掻かせて前傾姿勢
海老責め(答)

連想
拷問の一種
横田権十郎
三角の木材に正座
別名は「石抱き」
算盤責め(答)

連想
拷問の一種
鼠小僧が受けた拷問
罪人の肌を刃物で傷つける
傷口に塩を塗り込む
塩責め(答)

拷問(ごうもん、英語: Torture)とは、被害者の自由を奪った上で肉体的・精神的に痛めつけることにより、加害者の要求に従うように強要する事。特に被害者の持つ情報を自白させる目的で行われることが多い。文脈によっては苦痛を与えることそれ自体を目的とする行為も拷問と呼ばれることがある。

>戦国時代から江戸時代後期までは駿河問い、水責め、木馬責め、塩責めなどの様々な拷問が行われたが、1742年の公事方御定書により拷問の制度化が行われ、笞打(むちうち)・石抱き・海老責(えびぜめ)・釣責の4つが拷問として定められた[2][1]。
引用元:拷問 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%B7%E5%95%8F

するが‐どい〔‐どひ〕【×駿河問い】

江戸前期の拷問法の一。被疑者の手足を後ろに回して一緒にくくり、背中に石をのせ、天井からつり下げて、ぐるぐる回すもの。駿府(すんぷ)の町奉行彦坂九兵衛が始めたという。駿河問状(もんじょう)。
引用元:駿河問い(スルガドイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%A7%BF%E6%B2%B3%E5%95%8F%E3%81%84-544052

海老責め(えびせめ)は、江戸時代に行われた拷問である。江戸幕府の『御定書百箇条』に定められた拷問で、笞打(むちうち)、石抱きと云う牢問(ろうどい、正規拷問の前段階の予備拷問)に屈せず罪状を認めない未決囚に施された。海老責めを行っても自白しない場合に「釣責(つるしぜめ)」が実施される[1]。なお、笞打と石抱きは牢屋敷の穿鑿所で、海老責めと釣責は拷問蔵で行われる。
引用元:海老責 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%80%81%E8%B2%AC

塩責め(しおぜめ)は、拷問の一種である。
手法としては、罪人の肌を刃物で傷つけ、その上に塩を塗りつけるものである。
塩責めを受けた人物で有名なのは鼠小僧が挙げられる。彼は激痛で気絶したと言われる。
引用元:塩責め – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E8%B2%AC%E3%82%81

石抱(いしだき)とは、江戸時代に行われた拷問のひとつ。算盤(そろばん)責、石責ともいう。

笞打に屈しない未決囚に施された拷問。牢問と呼ばれて、正規の拷問の前段階として行われた。
まず囚人は後手に緊縛される。囚衣の裾をはだけて脚部を露出させ、十露盤(そろばん)板と呼ばれる三角形の木を並べた台の上に正座させ、背後の柱にしっかり括り付ける。この時わずかに後ろにのけぞるように縛り付ける。石が胸部を圧迫しないようにするためである。三角の木材の鋭角の稜線が体重で脛に食い込んで苦痛を与える仕組みとなっている。さらにその太ももの上に石を載せる。石の重みで脛の部分に三角木材の稜線がさらに食い込み、非常な苦痛を味わわせることになる。しかしただ載せておくのではなく、石の端は左右に揺らされ更なる苦痛が与えられる場合が多い。
引用元:石抱 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%8A%B1