「ベルリン会議」1884~ベルギーの独立,アフリカの分割


開催年は1884~1885年
開催地はドイツ
ベルギーとポルトガルの独立
列強によるアフリカ分割を討議
アルヘシラス会議
ベルリン会議(答)
大陸会議
ラシュタット会議
38%


議長はペイトン・ランドルフ
開催年は1744年~1781年
北米13州の植民地代表が開催
アメリカ独立戦争の契機
大陸会議(答)

連想
開催地はドイツ
議長はフェルセン伯爵
開催年は1798年
神聖ローマ帝国とフランス
ラシュタット会議(答)

連想
開催年は1906年
開催地はスペイン
第一次モロッコ事件の収拾
モロッコがフランスの勢力圏に
アルヘシラス会議(答)

1884~5年、ビスマルクが主催した、アフリカ分割に関する列強の国際会議。

1884~85年、ドイツ首相ビルマルクの提唱で開催された、列強14カ国によるアフリカ分割に関する会議。ベルリン=コンゴ会議ともいい、特にベルギー国王レオポルド2世のコンゴ支配を承認するかどうかが主要な案件であった。参加14ヵ国とは、当時アフリカに野心を持っていた、イギリス・ドイツ・オーストリア・ベルギー・デンマーク・スペイン・アメリカ・フランス・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スウェーデン・オスマン帝国。会議は100日間以上にわたって行われ、全7章、38条からなる協定を締結して終了した。
引用元:ベルリン会議(1884-85) http://www.y-history.net/appendix/wh1402-006.html

大陸会議(たいりくかいぎ、英: Continental Congress)は、英国本国の高圧的な植民地経営に対して北アメリカ13州の自治意識が高まり、1774年から開催された各植民地代表による会議である。第1次大陸会議と第2次大陸会議がある。アメリカ合衆国の独立承認後は連合会議(1781年 – 1789年)に発展するが、この連合会議を含めて大陸会議と総称することがある。

>会議[編集]
会議は1774年9月5日から10月26日まで開催された。ペイトン・ランドルフが進行役を務めた。
引用元:大陸会議 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%99%B8%E4%BC%9A%E8%AD%B0

ラシュタット会議(ラシュタットかいぎ、仏: Second congrès de Rastadt, 独: Rastatter Kongress)は、フランス革命戦争における神聖ローマ帝国および帝国領邦とフランス革命政府との全面的な戦争終結を目指した多国間会議である。1714年のラシュタット会議と区別して第二次ラシュタット会議とも言う。
講和会議の議長として、スウェーデンのフェルセン伯爵が調停を行った。この会議には、オーストリアのメッテルニヒ侯爵が出席し、外交官として初の業績を残した。
引用元:ラシュタット会議 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88%E4%BC%9A%E8%AD%B0

第1次モロッコ事件を受け1906年に開催されたモロッコ問題に関する国際会議。

1906年、モロッコに野心を持つイギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアなどの帝国主義諸国が、独仏のモロッコ事件での衝突の回避を名目に権益を調整しあった国際会議である。アルヘシラスはスペインのジブラルタル海峡近くの港。
 1905年にフランスのモロッコ進出に抗議したドイツのヴィルヘルム2世が、自ら艦隊を率いてモロッコのタンジールに上陸し、フランスに抗議した第1次モロッコ事件(タンジール事件)の後で、モロッコ問題を協議するためにアルヘシラスで国際会議が開催された。モロッコ王国も参加した会議では、モロッコ王国の独立及び機会均等・門戸開放の原則が確認され、表面的にはドイツの主張は認められた。またドイツの主張に添って参加国が平等に出資してモロッコ国立銀行を設立することも決められた。しかし、イギリスを始め、ロシア、イタリア、オーストリア=ハンガリーなど有力国は大筋においてフランスを支援して、モロッコ財政へのフランスの管理権、フランスとスペインの警察権などが認められたので、ドイツは実質的には主張を貫徹できず孤立感を深めた。
引用元:アルヘシラス会議 http://www.y-history.net/appendix/wh1402-041.html