『煙か土か食い物』


2001年に第19回メフィスト賞を
受賞した、作家・舞城王太郎の
デビュー作は?
か土煙いか物食
煙か土か食い物(答)
30%

『煙か土か食い物 Smoke,Soil,or Sacrifices』(けむりかつちかくいもの)は、舞城王太郎の小説である。講談社より2001年3月に刊行(ISBN 4061821725)された。舞城のデビュー作であり、第19回メフィスト賞受賞作。
ほとんど改行を用いないにも関わらず、スピード感あふれる文体が特徴[独自研究?]。英文がカタカナで表記されることもひとつの特徴である。また、舞台が福井県であるため会話文では福井弁が飛び交う。「奈津川サーガ」と呼ばれるが[誰によって?]、奈津川家を題材にした長編の発表は2006年12月現在「暗闇の中で子供」のみ。スピンアウト作品である『世界は密室でできている。』『駒月万紀子』 『イラストーリー『二郎』』は2009年現在単行本化されていない。
引用元:煙か土か食い物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%85%99%E3%81%8B%E5%9C%9F%E3%81%8B%E9%A3%9F%E3%81%84%E7%89%A9


これが噂のMaijoだ
小説界を席巻する「圧倒的文圧」を体感せよ!

腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが? ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー! 故郷に戻った四郎を待つ血と暴力に彩られた凄絶なドラマ。破格の物語世界とスピード感あふれる文体で著者が衝撃デビューを飾った第19回メフィスト賞受賞作。
引用元:『煙か土か食い物』(舞城王太郎):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062749367