釈迦「29歳で出家、35歳で悟り、80歳で亡くなる」


仏教の開祖である釈迦が
出家したのは29歳の時ですが
亡くなったのは◯◯歳の時?
◯を答えなさい
80(答)
28%


仏教の開祖である釈迦が
出家したのは29歳の時ですが
悟りを開いたのは◯◯歳の時?
◯を答えなさい
35(答)

CIMG80455pc4dB73y1nI
次の仏教の八大聖地とその説明の
正しい組み合わせを選びなさい
サンカーシャ───釈迦が昇天した地
クシナガラ───釈迦が死んだ地
ブッダガヤ───釈迦が悟りを開いた地
サールナート───釈迦が初めて説教した地
ルンビニ───釈迦が生まれた地
引用元:「フタバガキ科」沙羅双樹 「クシナガラ」釈迦が死んだ地「ブッダガヤ」釈迦が悟りを開いた地「ルンビニ」釈迦誕生 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/12010/

釈迦(しゃか)は、紀元前5世紀ごろの北インドの人物で、仏教の開祖である。

>生没年[編集]
釈迦の没年は、アショーカ王の即位年(紀元前268年ごろ)を基準に推定されている。しかし、釈迦の死後何年がアショーカ王の即位年であるかは典拠によって差があり、特に北伝仏教と南伝仏教の経典で100年以上の差があるが、いずれが正確かを確認する術はない[6]。
日本の宇井伯寿や中村元は北伝仏教の経典に基づき、タイやスリランカなど東南アジア・南アジアの仏教国や欧米の学者の多くは南伝仏教の経典(パーリ経典)に基づいて没年を推定している。
なお、『大般涅槃経』等の記述から、釈迦は80歳で入滅したことになっているので、没年を決定できれば自動的に生年も導けることになる。
主な推定生没年は、
紀元前624年 – 紀元前544年 : 南伝仏教による説
紀元前566年 – 紀元前486年 : 北伝仏教の『衆聖点記』による説
紀元前466年 – 紀元前386年 : 宇井説
紀元前463年 – 紀元前383年 : 中村説
等があるが、他にも様々な説がある[7]。

>長男のラーフラが生まれた後、29歳の時に、夜半に王宮を抜け出て、かねてよりの念願の出家を果たした。出家してまずバッカバ仙人を訪れ、その苦行を観察するも、バッカバは死後に天上に生まれ変わることを最終的な目標としていたので、天上界の幸いも尽きればまた六道に輪廻すると悟った。次にアーラーラ・カーラーマのもとを訪れると、彼が空無辺処(あるいは無所有処)が最高の悟りだと思い込んでいるが、それでは人の煩悩を救うことはできないことを悟った。次にウッダカラーマ・プッタを訪れたが、それも非想非非想処を得るだけで、真の悟りを得る道ではないことを覚った。この三人の師は、釈迦が優れたる資質であることを知り後継者としたいと願うも、釈迦自身はすべて悟りを得る道ではないとして辞した。[10]

>そこで35歳の釈迦は、全く新たな独自の道を歩むこととする。ガヤー地区(英語版)のほとりを流れるリラジャン川(英語版)で沐浴したあと、村娘のスジャータから乳糜の布施を受け、気力の回復を図って、インドボダイジュの木の下で、「今、悟りを得られなければ生きてこの座をたたない」という固い決意で瞑想した。すると、釈迦の心を乱そうとマーラが現れ、この妨害が丸1日続いたが、釈迦はついにこれを退け(降魔)、悟りを開いた(正覚)。
引用元:釈迦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%88%E8%BF%A6

しゃか【釈迦】


紀元前七~六世紀頃、ヒマラヤ山麓ネパールに居住していた部族。釈迦② も釈迦族の出身。

○ 仏教の開祖。世界四聖の一人。姓はゴータマ、名はシッタルタ。中部ネパールの釈迦族の中心地迦毘羅かびら城に浄飯王じようぼんのうの子として生まれる。母は摩耶夫人まやぶにん。二九歳で出家、三五歳で悟りを得た。のち鹿野園ろくやおんで五人の修行者を教化し(仏教教団の成立)、以後八〇歳で入滅にゆうめつするまで教化の旅を続けた。教説は四諦したい・八正道はつしようどう・十二縁起などでまとめられる。生没年は紀元前463~383年、同560~480年など諸説ある。釈迦牟尼しやかむに。釈尊。釈迦如来。
引用元:釈迦(しゃか)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%87%88%E8%BF%A6-75539