ミゲル・アストゥリアス『緑の法王』『大統領閣下』グアテマラの作家


1967年ノーベル文学賞受賞
『緑の法王』『混血の女』
『大統領閣下』
グアテマラの作家
ミゲル・アストゥリアス(答)
ガルシア・マルケス
J・M・クッツェー
バルガス・リョサ
48%


1982年ノーベル文学賞を受賞
『予告された殺人の記憶』
『百年の孤独』
コロンビアの作家
ガルシア・マルケス(答)

連想
『世界終末戦争』
『緑の家』
2010年ノーベル文学賞を受賞
ペルーの作家
バルガス・リョサ(答)

スロット
『マイケル・K』と『恥辱』で史上初めて2度ブッカー賞を、2003年にはノーベル賞を受賞した作家はJ・M・◯◯◯◯◯?
クッツェー(答)

連想
1988年ノーベル文学賞受賞
小説『バイナル・カスライン』 
エジプトの作家
アラブ人初のノーベル賞作家
ナギブ・マフフーズ(答)

連想
1986年ノーベル文学賞受賞
『ライオンと宝石』
ビアフラ戦争で投獄される
ナイジェリアの作家
ウォーレ・ショインカ(答)

連想
アルゼンチンの作家
『リタ・ヘイワースの背信』
『南国に日は落ちて』
『蜘蛛女のキス』
マヌエル・プイグ(答)


1982年にノーベル文学賞を受賞
した、小説『百年の孤独』で
知られるコロンビアの作家は?
ケガ・ルスシマアル
ガルシア・マルケス(答)


ベネズエラの元大統領の名前が
付けられた、スペイン語小説に
与えられる文学賞は
◯◯◯◯◯◯◯◯◯賞?
ロロゴ・ェリスガム
ロムロ・ガリェゴス(答)
「ロムロ・ガリェゴス賞」
Rómulo Gallegos Prize

ミゲル・アンヘル・アストゥリアス(Miguel Ángel Asturias, 1899年10月19日 – 1974年6月9日。ミゲル・アンヘル・アストリアスとも)は、グアテマラの小説家。キューバのアレホ・カルペンティエルと共に魔術的リアリズムの担い手となり、その後のラテンアメリカ文学ブームの先導者となった。
>1933年にグアテマラに戻るとアストゥリアスはジャーナリストとなり、独裁者ホルヘ・ウビコに近い人物とみなされたために1944年のウビコ失脚後は外交官として閑職に追いやられた。この時期にアストゥリアスは『大統領閣下』(1946)、『トウモロコシの人間たち』(1949)、『緑の法王』(1954)を著している。その後1954年のPBSUCCESS作戦後に成立したカスティーリョ・アルマス政権によって亡命生活を送ることになったが、その間に執筆した『混血女』(“Mulata”,1963) で広く作家として知られるようになり、アルマス政権が崩壊した後、遂には1966年に再びフランス大使に任命され、同年レーニン平和賞を授与された。そして、翌1967年ノーベル文学賞を受賞した。
引用元:ミゲル・アンヘル・アストゥリアス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9


文学の地平を切り開いたラテンアメリカ文学
ボルヘス 「伝奇集」(篠田一士・訳) 「エル・アレフ」(篠田一士・訳) 「砂の本」(篠田一士・訳)/アストゥリアス 「大統領閣下」(内田吉彦・訳)/ドノソ 「ブルジョア社会」(木村榮一・訳)/プイグ 「赤い唇」(野谷文昭・訳)/マルケス 「族長の秋」(鼓 直・訳)/ラテンアメリカ短編集
引用元:集英社ギャラリー 世界の文学 (19)/ラテンアメリカ 伝奇集/エル・アレフ/砂の本/大統領閣下/ブルジョア社会/赤い唇/族長の秋/ある虐殺の真相/太鼓に踊る/イレーネの自伝/樹/裏切り者との出会い/ルビーナ/モーツァルトを聴く/痩せるための規定食/時間/パラカスでジミーと/顕現祭の夜/魔術師顛末記/ゴドフレードの三つの名前| 川村 二郎/菅野 昭正/篠田 一士/原 卓也| 文学全集|BOOKNAVI|集英社 http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-129019-9&mode=1

ガブリエル・ホセ・デ・ラ・コンコルディア・ガルシア・マルケス(Gabriel José de la Concordia García Márquez, 1928年3月6日 – 2014年4月17日)は、コロンビアの作家・小説家。架空の都市マコンドを舞台にした作品を中心に魔術的リアリズムの旗手として数々の作家に多大な影響を与える。1982年にノーベル文学賞受賞。
『百年の孤独』『コレラの時代の愛』は、2002年にノルウェイ・ブッククラブによって「世界傑作文学100」に選ばれる。コロンビアで何かがあるたびにスポークスマンのような役割を果たすこともある(シャキーラについての言及など)。
アメリカ合衆国で活動する映画監督のロドリゴ・ガルシアは実の息子である。
引用元:ガブリエル・ガルシア=マルケス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A2%EF%BC%9D%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%82%B9

ホルヘ・マリオ・ペドロ・バルガス・リョサ(Jorge Mario Pedro Vargas Llosa, 1936年3月28日 – )は、ペルーの小説家。アレキパ出身。ラテンアメリカ文学の代表的な作家でありジャーナリスト、エッセイストでもある。主な作品に『都会と犬ども』『緑の家』『世界終末戦争』など。1976年から1979年、国際ペンクラブ会長。2010年ノーベル文学賞を受賞。
従弟のルイス・リョサ、姪のクラウディア・リョサはともに映画監督。
引用元:マリオ・バルガス・リョサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%A7%E3%82%B5

ジョン・マックスウェル・クッツェー(John Maxwell Coetzee, 1940年2月9日 – )は南アフリカ出身の文学者で、2003年のノーベル文学賞の受賞者。

>1983年の『マイケル・K』で、さらに1999年の『恥辱』でブッカー賞を受賞。これは同賞はじまって以来の初のダブル受賞だった(授賞式はいずれも欠席)。重層的な連想を引き起こしながら、無駄を削ぎ落とした硬質な文体で、人間存在の奥深くを描き出す作風は、実験的、寓意的、ポストモダンとさまざまに論評されてきたが、そのたぐいいまれな倫理性とともに、同時代を生きるもっとも偉大な世界文学の作家の一人として論じられることが多い。
ノーベル賞授賞時にスウェーデン・アカデミーがあげた理由は、「数々の装いを凝らし、アウトサイダーが巻き込まれていくところを意表を突くかたちで描いた。その小説は、緻密な構成と含みのある対話、すばらしい分析を特徴としている。しかし同時に、周到な懐疑心をもって、西欧文明のもつ残酷な合理性と見せかけの道徳性を容赦なく批判した」というもの。アフリカ出身の受賞者としては、ナイジェリアのウォーレ・ショインカ、エジプトのナギーブ・マフフーズ、南アフリカのナディン・ゴーディマーについで4人目であった。マスコミ嫌いで知られるクッツェーは、2003年12月10日にストックホルムで行われた授賞式には出席したが、記者会見はしなかった。
引用元:J・M・クッツェー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%83%BBM%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%BC

ロムロ・ガジェーゴス賞(Rómulo Gallegos Prize)は、ベネズエラの文学賞。スペイン語圏を対象とし[1]、1967年から授与されている。

1967 – マリオ・バルガス・リョサ『緑の家』 La casa verde de Mario Vargas Llosa
1972 – ガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』 Cien años de soledad de Gabriel García Márquez
引用元:ロムロ・ガジェーゴス賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%82%B9%E8%B3%9E

The Rómulo Gallegos International Novel Prize (Spanish: Premio internacional de novela Rómulo Gallegos) was created on 6 August 1964 by a presidential decree enacted by Venezuelan president Raúl Leoni, in honor of the Venezuelan politician and President Rómulo Gallegos, the author of Doña Bárbara.

The declared purpose of the prize is to “perpetuate and honor the work of the eminent novelist and also to stimulate the creative activity of Spanish language writers”.[1]

It is awarded by the government of Venezuela, through the offices of the Rómulo Gallegos Center for Latin American Studies (Celarg). The first prize was given in 1967. It was awarded every five years until 1987, when it became a biannual award.[2]

The award includes a cash prize of €100,000 making it among the richest literary prizes in the world.
引用元:Rómulo Gallegos Prize – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/R%C3%B3mulo_Gallegos_Prize