ヘルダーリン『ゲルマーニーエン』『ディオティーマ』


『ゲルマーニエン』
『エンペドクレスの死』
『ディオティーマ』
『ヒュペリーオン』
カフカ
リルケ
ゲーテ
ヘルダーリン(答)
55%

ヨハン・クリスティアン・フリードリヒ・ヘルダーリン (Johann Christian Friedrich Hölderlin [ˈjoːhan ˈkʁɪsti.aːn ˈfʁiːdʁɪç ˈhœldɐliːn];、1770年3月20日 – 1843年6月6日)は、ドイツの詩人、思想家である。ラウフェンに説教師の息子として生まれ、テュービンゲン大学で神学生としてヘーゲル、シェリングとともに哲学を学ぶ。卒業後は神職にはつかず各地で家庭教師をしながら詩作を行い、書簡体小説『ヒュペーリオン』や多数の賛歌、頌歌を含む詩を執筆したが、30代で統合失調症を患いその後人生の半分を塔の中で過ごした。
生前はロマン派からの評価を受けたものの大きな名声は得られなかったが、古代ギリシアへの傾倒から生まれた汎神論的な文学世界はロマン主義、象徴主義の詩人によって読み継がれ、またニーチェ、ハイデッガーら思想家にも強い影響を与えた。

>ヨハン・クリスティアン・フリードリヒ・ヘルダーリン (Johann Christian Friedrich Hölderlin [ˈjoːhan ˈkʁɪsti.aːn ˈfʁiːdʁɪç ˈhœldɐliːn];、1770年3月20日 – 1843年6月6日)は、ドイツの詩人、思想家である。ラウフェンに説教師の息子として生まれ、テュービンゲン大学で神学生としてヘーゲル、シェリングとともに哲学を学ぶ。卒業後は神職にはつかず各地で家庭教師をしながら詩作を行い、書簡体小説『ヒュペーリオン』や多数の賛歌、頌歌を含む詩を執筆したが、30代で統合失調症を患いその後人生の半分を塔の中で過ごした。
生前はロマン派からの評価を受けたものの大きな名声は得られなかったが、古代ギリシアへの傾倒から生まれた汎神論的な文学世界はロマン主義、象徴主義の詩人によって読み継がれ、またニーチェ、ハイデッガーら思想家にも強い影響を与えた。
引用元:フリードリヒ・ヘルダーリン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3


ドイツの孤高の詩人ヘルダーリン(1770-1843)の詩は,理想の世界を遠望し,どこまでも気高く美しい.彼が「ディオティーマ」と呼んだ女性との運命的な出会いと別れを経て,その詩は天上的とも類えられる境地に達した.しかしその直後,30代半ば頃から精神の均衡を失した彼は,精神的薄明の中でその後半生を生きねばならなかった.
引用元:ヘルダーリン詩集 – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b247668.html


ギリシアの多感な青年ヒュペーリオンは、オスマン・トルコの桎梏下にある祖国の窮迫に目覚め、いっぽうで古代世界の美を体現する女性ディオティーマと運命的な出会いを遂げて、至高の恋に落ちる。いったんは解放戦争に身を投じるが志なかばで挫折し、恋人のもとへ帰ろうとすると、彼女はすでに絶望からこの世を去っていた…。近代ドイツの苦悩を、実体験を背景に抒情味豊かな60通余の書簡に溶かしこんで綴る若き日の傑作。
引用元:筑摩書房 ヒュペーリオンーギリシアの隠者 ─ギリシアの隠者 / ヘルダーリン 著, 青木 誠之 著 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480427212/