「杉浦重剛」理学宗(科学と漢学の統合) 称好塾 東京英語学校(現日本学園)創立


「理学宗」の提唱
称好塾を経営
東京英語学校長
後の昭和天皇に御進講
井上円了
杉浦重剛(答)
志賀重昂
三宅雪嶺
44%


実家は浄土真宗のお寺
明治・大正期の仏教哲学者
別名「妖怪博士」 
東洋大学の創立者
井上円了(答)

エフェクト
「日本ライン」の命名者で
ある地理学者です
志賀重昂
しがしげたか(答)

杉浦 重剛(すぎうら じゅうごう、安政2年3月3日(1855年4月19日)- 大正13年(1924年2月13日)は、明治・大正時代の国粋主義的教育者・思想家。幼名は謙次郎。父は膳所藩の儒者杉浦重文。近江国膳所藩(現・滋賀県大津市)出身。
若き日の昭和天皇、秩父宮雍仁親王、高松宮宣仁親王の3兄弟に帝王学の一環として倫理を進講する。号は梅窓または天台道士。学生時の渾名は紙魚(しみ)。後に『人格高邁の国士』と評される。理学宗の世界観を確立。

>27歳で文部省と東京大学に勤める。その間、東大予備門(のちの一高)校長にあり、また大学予備門など旧制高校進学のために英語でもって教授する予備校であった東京英語学校(のちすぐに日本中学に改称)創立の中心の一人となる。
のちに、読売・朝日新聞の社説を担当となり、三宅雪嶺、志賀重昂らと政教社発行の「日本人」(のちに「日本及日本人」)や新聞「日本」の刊行に力を尽くす。それらによって国粋主義を主張し、当時の社会に影響を波及させる。明治22年(1889年)には日本倶楽部をつくり、大隈重信の不平等条約改正案に反対する。小石川区議員を経て、翌年明治23年(1890年)第1回衆議院議員総選挙に大成会から出馬し当選。しかし翌年に辞職した。
その後は子弟の養成と共に東京文学院を設立し、以後も國學院学監や東亜同文書院院長、東宮御学問所御用掛などを歴任。官学崇拝も強く、当時の官公立中等教育のメッカである府立一中にも足を運び、「本校は帝都の第一中学であるのみならず、帝国の第一中学である」など講演にても国家の権威を高めることに尽力していた[2]。
迪宮裕仁親王(摂政宮、のちの昭和天皇)の御進講役も務め、さらに宮中某重大事件にては久邇宮家と結んで、山縣有朋に対抗した。大正13年(1924年)、腎臓炎のため死去[3]。墓所は東京文京区伝通院。
引用元:杉浦重剛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E6%B5%A6%E9%87%8D%E5%89%9B

杉浦重剛における伝統と近代科学 : 高島嘉右衛門の易に対する理解をめぐって
Abstract
明治二十年代に活躍した杉浦重剛(一八五五―一九二四)は、明治思想界における第二世代を代表する人物である。この世代は西洋思想と伝統的東洋思想の接続と調停を歴史的課題としてひきうけたといわれ、西洋思想にひたすら忠実であろうとした第一世代と比べ、彼らの思想は往々にしてわかりにくく、その西洋理解がむしろ退歩しているようにさえみえるとされる。杉浦も、イギリスで学んだ最先端の自然科学を、伝統的漢学と統合するような独特な思想(理学宗)を提唱する。
引用元:杉浦重剛における伝統と近代科学 : 高島嘉右衛門の易に対する理解をめぐって https://www.researchgate.net/publication/30789349_shanpuzhonggangniokeruchuantongtojindaikexue_gaodaojiayouweimennoyiniduisurulijiewomegutte

日本学園は、明治の大教育者であった杉浦重剛(しげたけ)先生が1885年に創設した東京英語学校が前身です。日本の私学としては指折りの長い歴史と伝統を持つ学校です。
 当時はいまの東京大学への進学をめざす若者のための予備校で、全国から英俊が集まりました。戦後日本の路線を敷いた吉田茂元首相や岩波書店創業者である岩波茂雄、日本画の横山大観など日本の政官界、経済界、芸術と文化の分野に優れた業績を残す多くの逸材を輩出しました。
引用元:日本学園中学校・高等学校|教育方針 http://www.nihongakuen.ed.jp/about/index.html

杉浦重剛 すぎうら じゅうごう
(1855〜1924)
思想家。膳所藩の貢進生として大学南校に入学するが、制度が変わり、東京開成学校に学ぶ。在学中選抜され、明治9年(1876)イギリスに留学。15年東京大学予備門長。18年辞職後に主に在野で多彩な言論・教育活動を行う。21年に三宅雪嶺とともに政教社設立に参加、雑誌『日本人』を発刊し、国粋主義を唱える。また東京英語学校の設立、称好塾を経営し、青少年の教育に尽力した。のち東亜同文書院長等を経て、大正3年(1914)東宮御学問所御用掛となり倫理を進講した。
引用元:杉浦重剛 | 近代日本人の肖像 http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/112.html?cat=41

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
杉浦重剛(すぎうらしげたけ)
すぎうらしげたけ
(1855―1924)

教育者、日本主義者。号梅窓、天台道士。安政(あんせい)2年3月3日近江国(おうみのくに)膳所(ぜぜ)藩士の家に生まれる。1870年(明治3)膳所藩貢進生として大学南校に入り英学を修め、文部省第2回留学生としてイギリスに留学、化学を専攻。帰国後、東京大学予備門長、文部省参事官兼専門学務局次長を務めたが、1885年千頭清臣(ちかみきよおみ)(1856―1916)らと東京英語学校(1892年日本中学校と改称)を設立、1890年から没年に至るまで校長として訓育にあたる。そのほか高等教育会議議員、教育調査会会員、国学院学監、皇典講究所幹事長、東宮御学問所御用掛(ごようがかり)(倫理担当)を歴任した。政治的には日本主義の立場から井上馨(かおる)、大隈重信(おおくましげのぶ)の条約改正案に反対。政教社を設立して雑誌『日本人』、新聞『日本』に関係する。第1回衆議院議員選挙に当選して大成会結成に参画、1902年(明治35)には東亜同文書院院長となる。著作は『杉浦重剛先生全集』1巻(1945)に収録(2巻以下未刊行)。大正13年2月13日没。[小股憲明]
『大町桂月・猪野史山著『杉浦重剛先生』(1924・政教社) ▽海後宗臣著『西村茂樹・杉浦重剛』(1937・北海出版社)』
引用元:杉浦重剛(すぎうらしげたけ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9D%89%E6%B5%A6%E9%87%8D%E5%89%9B(%E3%81%99%E3%81%8E%E3%81%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%92%E3%81%9F%E3%81%91)-1551307