カドモス「ハルモニア」クロノス「レア」ヘパイストス「アフロディーテ」


次のギリシャ神話の
登場人物とその妻の
正しい組み合わせを選びなさい
カドモス───ハルモニア
クロノス───レア
ヘパイストス───アフロディーテ
41%

555vKQHdiu
次のうち
ギリシャ神話の主神
ゼウスの兄弟姉妹に当たる
神を全て選びなさい
デメテル(答)
アトラス
ヘラ(答)
ポセイドン(答)
ハデス(答)
引用元:ゼウスの兄弟姉妹「ハデス」「ポセイドン」「ヘラ」「デメテル」 ペルセポネ「冥界の王妃」ヘスティア「かまどの女神」デメテル「農耕の神」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/757/

◆資料編1では、主な登場人物の紹介だけでなく、ガイアから連なるティタン神~オリンポス12神を中心にした神々の家系や、登場人物の相関をまとめています。複雑に錯綜した登場人物の親子関係、夫婦・恋人・愛人関係、敵対関係が一目で分かります。
dIBikMs
引用元:星のギリシア神話/内容 http://www.astroarts.co.jp/products/greek-comic/contents-j.shtml

カドモス(古希: Κάδμος, Kadmos, ラテン語: Cadmus)は、ギリシア神話に登場する人物である。フェニキアのテュロスの王アゲーノールとテーレパッサ(アルギオペーとも)の子で、キリクス、ポイニクス、エウローペーと兄弟。テーバイの創建者。フェニキア文字の配列を変更し、ボイオーティアに伝えたという。

>ハルモニアーとの結婚[編集]
そののち、カドモスはアテーナーに改めてボイオーティアの土地を与えられ、この地を自分の名前にちなんでカドメイアと名付けた。のちのテーバイである。この地でカドモスは、アレースとアプロディーテーの娘ハルモニアーと結婚式を挙げた。カドモスとハルモニアーの結婚式は、オリンポスの神々が列席した最初のものといわれる。
引用元:カドモス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%A2%E3%82%B9

クロノス(古希: Κρόνος, Kronos)は、ギリシア神話の大地および農耕の神である。山よりも巨大な巨神族ティーターンの長であり、ウーラノスの次に全宇宙を統べた二番目の神々の王でもある。性交を好む。万物を切り裂くアダマスの鎌を武器とする。ゼウスの父親としてもよく知られており、ティーターン神族を率いてオリュンポスの神々と全宇宙を揺るがす大戦争を行った。

>ギリシア神話[編集]
ヘーシオドスの『神統記』によればウーラノスとガイアの息子でティーターンの末弟[1]。レアーの夫であり、ハーデース、ポセイドーン、ゼウスおよびヘーラー、ヘスティアー、デーメーテールの父でもある[2]。また、愛人であるニュンペーのピリュラーとの間に半人半馬の賢者ケイローンをもうけた[3]。
引用元:クロノス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%82%B9

ヘーパイストス(古希: ΗΦΑΙΣΤΟΣ, Ἥφαιστος, Hēphaistos)は、ギリシア神話に登場する神である。古くは雷と火山の神であったと思われるが、後に炎と鍛冶の神とされた。オリュンポス十二神の一柱。神話ではキュクロープスらを従え、自分の工房で様々な武器や道具、宝を作っているという。その象徴は円錐形の帽子、武具、金床、金鎚、矢床である[1]。

>アプロディーテーとの結婚[編集]
ヘーパイストスは、最初はアプロディーテーと結婚した。結婚の経緯には諸説あるが、有名なものは以下である。
オリュンポスの神々に加えられたヘーパイストスであるが、ヘーラーの彼への冷遇は続き、彼は母への不信感を募らせていった。そんなある日、ヘーパイストスからヘーラーに豪華な椅子が届けられた。宝石をちりばめ、黄金でつくられ、大変美しい椅子で、その出来に感激した上機嫌のヘーラーが椅子に座ったとたん体を拘束され身動きが取れなくなってしまった[16]。そこでヘーラーがヘーパイストスに拘束を解くよう命じると『自分を貴方様の実の子であると認め、神々の前で紹介してください』と言った。醜さゆえ自分が捨てた子で認めたくもなかったヘーラーであったが、このままでいるのも恥ずかしい。仕方なく要求に応じヘーラーも認めた。だが、母に疑心暗鬼になっていたヘーパイストスは、ヘーラーが助かりたい一心であり、本心で言った言葉ではないと考え、信用せず拘束を解かなかった。そして、『なら私をアプロディーテーと結婚させてくれますか?出来ないでしょう。軽々しく言わないでください』と言ったのである。ところがヘーラーは助かりたい一心でこれを了承。驚いたヘーパイストスであったが、急いでヘーラーを解放。そして、ヘーパイストスはアプロディーテーと結婚することになったのである。
引用元:ヘーパイストス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9