「アトリー」「マクドナルド」「ウィルソン」「キャラハン」労働党


次のイギリスの歴代首相のうち
労働党の人物を全て選びなさい
マクドナルド(答)56,58代
アトリー(答)62代
ヒューム 66代「保守党」
ヒース 68代「保守党」
ディズレーリ 40,42代「保守党」
ソールズベリ 44,46,49代「保守党」
メージャー 72代「保守党」
27%

「マクドナルド」「アトリー」「ウィルソン」「キャラハン」
ゴロ 労働の「あとマックでウィキ」みたいな感じで。


次のイギリスの歴代首相のうち
労働党の人物を全て選びなさい
ウィルソン(答)67,69代
バルフォア 50代「保守党」
キャラハン(答)70代
サッチャー 71代「保守党」

イギリスの首相の一覧(イギリスのしゅしょうのいちらん)は、イギリスの政府の長であり、閣議(内閣の会議)の議長を務めるイギリスの首相の一覧である。
首相職が最初に出現した具体的な日付は存在しない。というのも、イギリスの首相の役割は、ある時点において創設されたものではなく、長い年月を経て進化してきたものだからである[1]。「首相」 (Prime Minister) という用語は、1805年に庶民院で使用され[2]、1880年代までには議会で使用されたことが確かであり[3]、1905年に首相のポストは宮中席次(英語版)において公式に認められた[4]。近現代史研究家らは一般的に、1721年から1742年までの21年間グレートブリテンの政府を率いた[5][6]、サー・ロバート・ウォルポールが初代首相であると考えている。また、ウォルポールはイギリス史上最も長い期間首相を務めた人物でもある[7]。しかしながら、公式に、厳密に言及される場合は、サー・ヘンリー・キャンベル=バナマンが初代首相であり、マーガレット・サッチャーが最も長い期間首相を務めた者であったとされる。
引用元:イギリスの首相の一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

初代ビーコンズフィールド伯爵ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield, KG, PC, FRS、1804年12月21日 – 1881年4月19日)は、イギリスの政治家、小説家、貴族。
ユダヤ人でありながら保守党内で上り詰めることに成功し、ダービー伯爵退任後に代わって保守党首となり、2期にわたって首相(在任:1868年、1874年 – 1880年)を務めた。庶民院の過半数を得られていなかった第一次内閣は短命の選挙管理内閣に終わったが、庶民院の過半数を制していた第二次内閣は「トーリー・デモクラシー(Tory democracy)」と呼ばれる一連の社会政策の内政と帝国主義の外交を行って活躍した。自由党のウィリアム・グラッドストンと並んでヴィクトリア朝の政党政治を代表する人物である。また、小説家としても活躍した。野党期の1881年に死去し、以降ソールズベリー侯爵が代わって保守党を指導していく。
引用元:ベンジャミン・ディズレーリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AA

第3代ソールズベリー侯爵ロバート・アーサー・タルボット・ガスコイン=セシル(英: Robert Arthur Talbot Gascoyne-Cecil, 3rd Marquess of Salisbury, KG, GCVO, PC、1830年2月3日 – 1903年8月22日)は、イギリスの政治家、貴族。
ソールズベリー侯爵セシル家の生まれ。1853年に庶民院議員として政界入りし、1868年に爵位継承で貴族院議員に転じる。保守党政権下で閣僚職を歴任し、ベンジャミン・ディズレーリ亡き後には保守党の党首となり、ヴィクトリア朝後期からエドワード朝初期にかけて3度にわたって首相を務めた(第1次:1885年 – 1886年、第2次:1886年 – 1892年、第3次:1895年 – 1902年)。民主主義を嫌う貴族主義的な人物ながら漸進的な内政改革を行い、外交面では帝国主義政策を遂行して大英帝国の更なる拡張を果たした。彼の政策は多くがジョゼフ・チェンバレンとの連携の影響を受けていた。1902年に退任し、甥にあたるアーサー・バルフォアが首相・保守党党首の地位を継承した。
引用元:ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%83%AB_(%E7%AC%AC3%E4%BB%A3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E4%BE%AF)

初代バルフォア伯爵アーサー・ジェイムズ・バルフォア(英: Arthur James Balfour, 1st Earl of Balfour [ˈbælfə][5], KG, OM, PC, DL、1848年7月25日 – 1930年3月19日)は、イギリスの政治家、哲学者、貴族。
ソールズベリー侯爵引退後の保守党を指導し、1902年から1905年まで首相を務めた。政権交代後も自由党の長期政権下で6年ほど野党保守党の党首を務めたが、1911年には党首の座をアンドルー・ボナー・ローに譲る。
第一次世界大戦中に成立した自由党・保守党大連立の挙国一致内閣では海軍大臣(英語版)や外務大臣などを歴任し、バルフォア報告書やバルフォア宣言に名を残す。
引用元:アーサー・バルフォア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2

ジェームズ・ラムゼイ・マクドナルド(スコットランド語: James Ramsay MacDonald、1866年10月12日 – 1937年11月9日)は、スコットランド出身のイギリスの政治家。労働党党首(1911年 – 1914年、1922年 – 1931年)。首相(1924年、1929年 – 1935年)。イギリス史上初の労働党出身の首相。
引用元:ラムゼイ・マクドナルド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%BC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89

初代アトリー伯爵クレメント・リチャード・アトリー(Clement Richard Attlee, 1st Earl Attlee、1883年1月3日 – 1967年10月8日)は、イギリスの政治家。首相(在任:1945年 – 1951年)。 労働党党首(1935年 – 1955年)。ラムゼイ・マクドナルド以来2人目の労働党出身の首相で、同党出身の首相として初めて4年の任期を全うできただけでなく、任期中に議会で過半数の議席を得ることができた首相でもある。
引用元:クレメント・アトリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC

ヘイゼルのヒューム男爵アレクサンダー・フレデリック・ダグラス=ヒューム(英語: Alexander Frederick Douglas-Home, Baron Home of Hirsel, KT, PC 1903年7月2日 – 1995年10月9日)は、イギリスの政治家、貴族。
戦後の保守党政権下で閣僚職を歴任し、1963年から1964年にかけて首相を務めた。外務大臣も2期にわたって務めた(在職:1960年 – 1963年、1970年 – 1974年)。
引用元:アレック・ダグラス=ヒューム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0

サー・エドワード・リチャード・ジョージ・ヒース(Sir Edward Richard George Heath, KG, MBE, PC、1916年7月9日 – 2005年7月17日)は、イギリスの政治家、庶民院議員(在職期間、1950年から2001年)、首相(在任期間、1970年から1974年)、保守党党首(在任期間、1965年から1975年)、指揮者。
引用元:エドワード・ヒース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%B9

ジェームズ・ハロルド・ウィルソン(James Harold Wilson, 1916年3月11日 – 1995年5月24日)は、英国の政治家。労働党党首、首相を務めた。
引用元:ハロルド・ウィルソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3

カーディフのキャラハン男爵レナード・ジェームズ・キャラハン(Leonard James Callaghan, Baron Callaghan of Cardiff、1912年3月27日 – 2005年3月26日)は、イギリスの政治家。1976年から1979年まで、首相として労働党政権を率いた。労働党の「巨人」と称されたほか、「サニー・ジム」「ビッグ・ジム」の愛称があった。
引用元:ジェームズ・キャラハン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%B3

サッチャー女男爵マーガレット・ヒルダ・サッチャー(イギリス英語: Margaret Hilda Thatcher, Baroness Thatcher, LG, OM, PC, FRS、1925年10月13日 – 2013年4月8日)は、イギリスの政治家、一代貴族。
イギリス保守党初の女性党首(在任: 1975年 – 1990年)、イギリス初の女性首相(在任: 1979年 – 1990年)。1992年からは貴族院議員。
保守的かつ強硬なその政治姿勢から「鉄の女(英: Iron Lady)」の異名を取ったことで知られる[2]。
引用元:マーガレット・サッチャー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC

サー・ジョン・メージャー(英: Sir John Major, KG, CH、1943年3月29日 – )は、イギリスの政治家。
保守党に所属し、マーガレット・サッチャー内閣で財務大臣や外務・英連邦大臣を務めた後、1990年のサッチャーの辞任で代わって首相(在職1990年11月28日 – 1997年5月2日)に就任した。1992年の総選挙に辛勝して長期政権の基盤を築き、6年半に渡って首相を務めた。アメリカとの協調を維持しつつ、ヨーロッパとの関係改善に努め、マーストリヒト条約の締結と欧州連合(EU)発足に大きな功績を果たした。しかし中間色の政策が多かったため、「理念なき政治家」との批判が高まり、また相次ぐ政治家のスキャンダルなどで徐々に人気が下降し、1997年の総選挙でトニー・ブレア率いる労働党に大敗を喫して退陣に追い込まれた。
引用元:ジョン・メージャー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC