「19世紀」ナポレオン死亡


フランスの英雄・ナポレオンが
この世を去ったのは
19世紀のことである
◯(答)1821.5.5
×20世紀
55%

ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 – 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 – 1814年、1815年)として、フランス第一帝政の皇帝にも即位した。
フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。また、戦勝と婚姻政策によって、イギリス、ロシアとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。

>1769年、コルシカ島のアジャクシオにおいて、父カルロ・マリア・ブオナパルテ[注釈 1]と母マリア・レティツィア・ラモリーノの間に、12人の子供(4人は夭折)のうち4番目として生まれた。出生時の洗礼名はナブリオーネ・ブオナパルテ[注釈 2][注釈 3]。島を追われてフランスで一生を暮らすと決めて出世しだした1794年ごろから、ナポレオーネ・ディ・ブオナパルテというイタリア人名の綴りから、フランス風のナポレオン・ボナパルトへ改名し、署名も改めた。
引用元:ナポレオン・ボナパルト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%8A%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%88