ゴア・ヴィダル『大預言者カルキ』『都市と柱』


『大預言者カルキ』
『マイラ』
カーター元大統領の親戚
『都市と柱』
レイモンド・カーヴァー
ゴア・ヴィダル(答)
ケン・キージー
ジョン・アップダイク
41%


『イーストウィックの魔女たち』
『カップルズ』
『ケンタウロス』
『走れウサギ』
ジョン・アップダイク(答)

連想
ヒッピーとして有名な作家
『わが緑の大地』
『時には偉大な観念を』
『カッコーの巣の上で』
ケン・キージー(答)

連想
短編小説を多数執筆した作家
村上春樹が翻訳を手がける
『怒りの季節』『大聖堂』
映画『ショート・カッツ』の原作
レイモンド・カーヴァー(答)

wqRfVdNNajCR
『オウエンのために祈りを』
『サイダーハウス・ルール』
『ホテル・ニューハンプシャー』
『ガープの世界』
ジョン・アップダイク
ジョン・アーヴィング(答)
トム・ウルフ
ゴア・ヴィダル
引用元:「サン・シモン」アメリカ独立戦争に参加 「空想」的社会主義 エンゲルス『空想より科学へ』から マルクス「科学的」社会主義より前 ジョン・アーヴィング『オウエンのために祈りを』『ガープの世界』 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/12738/

ゴア・ヴィダル(Gore Vidal、1925年10月3日 – 2012年7月31日)は、アメリカの小説家、劇作家、評論家、脚本家、俳優、政治活動家。本名はユージーン・ルーサー・ゴア・ヴィダル (Eugene Luther Gore Vidal) 。アメリカ文学史上初めて同性愛を肯定的に扱った小説『都市と柱(The City and the Pillar)』、二十世紀の奇書と呼ばれる『マイラ(Myra Breckinridge)』、アメリカ史をテーマにした歴史小説七部作、機知に満ち溢れた数々の評論、常に挑発的な言動、アナーキーな政治活動で知られた。バイセクシュアルとしても知られており、1950年よりハワード・オースティンと交際していた。
引用元:ゴア・ヴィダル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%80%E3%83%AB


トシトハシラ アメリカブンガクライブラリー
アメリカ文学ライブラリー
都市と柱
原書:THE CITY AND THE PILLAR(Vidal,Gore)
ISBN:9784894391338 (4894391333)
著者:ゴア・ヴィダル/訳:本合 陽(静岡大学助教授)
・第二次世界大戦後まもないアメリカで、時代に先駆け発表された、同性愛の世界を描いた特筆すべき小説。本邦初訳の作品。
引用元:BookWebPro 和書検索 http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/wshosea.cgi?CSTCLS=8&W-NIPS=9971434628&REFERER=0

レイモンド・クリーヴィー・カーヴァー・ジュニア(Raymond Clevie Carver Jr.、1938年5月25日 – 1988年8月2日)は、アメリカの小説家、詩人。
短編小説・ミニマリズムの名手として、ヘミングウェイやチェーホフと並び称されることも多い。
>代表作
『頼むから静かにしてくれ』(1976年)
『愛について語るときに我々の語ること』(1981年)
『大聖堂』(1983年)
>文芸誌『海』1983年5月号の特集「今日の海外文学-21- レイモンド・カーヴァー」に掲載された7つの短編が、最初に翻訳された作品である。この特集は翻訳者の村上春樹が自ら持ち込んだ企画であり[4]、カーヴァーの日本紹介の先鞭をつけた。村上は同年7月、中央公論社より作品集『ぼくが電話をかけている場所』[注 2]を出版。以来ほとんどの作品の翻訳を手がけることとなる。
1984年夏、村上は国務省の招待でアメリカに渡った際、カーヴァーの自宅を訪問する。この訪問は今日までつづく村上とテス・ギャラガーの交流のきっかけともなった。村上によれば、カーヴァーにインタビューした日本人は村上と宮本美智子の二人だけだという[5]。
引用元:レイモンド・カーヴァー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC

ケン・キージー(Kenneth Elton Kesey、1935年9月17日 – 2001年11月10日)は、アメリカ合衆国の作家。ジャック・ニコルソン出演の映画『カッコーの巣の上で』(小説原題:One Flew Over the Cuckoo’s Nest)の原作者、あるいはヒッピーコミューン『メリー・プランクスターズ』のリーダーとして知られる[1]。
>代表作
『カッコーの巣の上で』(1962年)
『わが緑の大地』(1964年)
引用元:ケン・キージー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC

ジョン・ホイヤー・アップダイク(John Hoyer Updike, 1932年3月18日 – 2009年1月27日)は、アメリカの作家・詩人。ペンシルベニア州シリングトン出身。息子のデヴィッド・アップダイクも作家。
>ハーヴァード大学を卒業後、『ニューヨーカー』誌のライターを経て作家となる。「ウサギ」ことハリー・アングストロームを主人公とした『走れウサギ』『帰ってきたウサギ』『金持になったウサギ』『さようならウサギ』の4部作に代表される都会的で知的な作風が魅力で、アメリカ内外の読者に人気がある。
引用元:ジョン・アップダイク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AF