ノーベル賞死後受賞者は文学賞「カールフェルト」医学生理学賞「スタインマン」平和賞「ハマーショルド」

「ノーベル経済学賞を
死後に受賞した経済学者がいる」
について、当初記事の誤りがあり、当該箇所を訂正しました。
ご指摘いただき、ありがとうございました。

098ciJYvPMLuY
ノーベル物理学賞を
死後に受賞した科学者がいる
×


ノーベル化学賞を
死後に受賞した科学者がいる
×

「物理学賞」「化学賞」以外は死後受賞者がいるようです

「物理学賞」「化学賞」「経済学賞」以外は死後受賞者がいるようです。

340aFvaimbiTy
○×
ノーベル文学賞を
死後に受賞した作家がいる
◯エリク・アクセル・カールフェルト

○×
ノーベル生理学・医学賞を
死後に受賞した科学者がいる
◯ラルフ・スタインマン

○×
ノーベル平和賞を
死後に受賞した人がいる
◯ダグ・ハマーショルド

○×
ノーベル経済学賞を
死後に受賞した経済学者がいる
◯ヴィックリー
×
ヴィックリーは受賞後3日後に亡くなられたようです

ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞のことである。物理学、化学、医学生理学、文学、平和、経済学の6分野で顕著な功績を残した人物に贈られる。
>複数人による共同研究や、共同ではないが複数人による業績が受賞理由になる場合は、一度に3人まで同時受賞することができる。ただし、同時受賞者の立場は対等とは限らず、受賞者の貢献度(Prize share)に応じて賞金が分割される。なお、性質上「複数人による業績」が考えづらい文学賞は例外で、定数は一度に1人と定められている。
>受賞条件と辞退[編集]
ノーベル賞は受賞者が自然人の場合、「本人が生存中」が受賞条件だが、かつてはノミネート時点で生存していれば受賞決定時に死亡していてもよいこととされており、そのケースに当てはまる受賞者には、1931年文学賞のエリク・アクセル・カールフェルトと、1961年平和賞のダグ・ハマーショルドがいる。1973年から、10月の各賞受賞者発表時点で生存している必要があるが、その後死亡しても取り消されないことになり、その規定により1996年経済学賞のウィリアム・ヴィックリーは授賞式前に亡くなっても受賞が取り消されなかった。2011年医学生理学賞のラルフ・スタインマンは受賞者発表の直後に当人がほんの3日前に死亡していたことが判明したが、これには受賞決定後に本人が死去した場合と同様の扱いをし、変更なく賞が贈られることになった。
>これまでにノーベル賞の受賞を辞退したのは、ジャン=ポール・サルトル(1964年文学賞辞退)、レ・ドゥク・ト(1973年平和賞辞退)、ゲルハルト・ドーマク(1939年医学・生理学賞辞退)の3人であるが、ドーマクは本人の意思ではなく、ナチスの圧力で強制的に辞退させられただけなので、戦後の1947年に賞を受け取っているため、最終的に受け取らなかったのは前者2名である。
引用元: ノーベル賞 – Wikipedia.

ダグ・ハマーショルド(ダーグ=ヤルマル=アグネ=カール・ハンマルフェルド、Dag Hjalmar Agne Carl Hammarskjöld スウェーデン語: [dɑːɡ ˈhamːarɧœld] ( 聞く), 1905年7月29日 – 1961年9月18日)は、スウェーデンの外交官。第2代国連事務総長(任期は1953年4月 – 1961年9月)。1961年、北ローデシアで墜落死した。
>没後[編集]
ハマーショルド没後の1961年、ノーベル平和賞が授与された。また、同年11月にフォード財団から寄託された国際連合本部ビル図書館は、業績を偲び「ダグ・ハマーショルド図書館」と命名された[4][5]。1963年、彼の唯一の著作『道しるべ』(Vägmärken)が出版された。日記形式の回想録集で、1925年(20歳)から死亡した1961年までのことが記されている[6]。自らをキリスト教の神秘主義者になぞらえ、外交を「内なる旅」と主張している。
引用元: ダグ・ハマーショルド – Wikipedia.

ラルフ・マーヴィン・スタインマン(Ralph Marvin Steinman, 1943年1月14日 – 2011年9月30日)は、カナダの免疫学者、細胞生物学者。
>2007年に膵臓癌と診断され、彼自身が研究の対象としていた樹状細胞を使用した免疫療法を受けながら闘病生活を送っていた。2011年10月3日、スタインマンにノーベル生理学・医学賞が授与されることが発表されたが、その直後、スタインマン本人は発表の3日前の9月30日に死去していたことが家族により公表された[1]。68歳没。
>その上で、「授賞決定後に本人が死去した場合はその授賞を取り消さない」とする同賞の規定に準ずる扱いとして、「今回の決定を変えず、スタインマン博士に賞を贈る」と改めて決定、発表した[2][3]。
引用元: ラルフ・スタインマン – Wikipedia.

カールフェルト【Erik Axel Karlfeldt】 1864‐1931
スウェーデンの詩人。《荒野と愛の詩集》(1895)から《秋の角笛》(1927)にいたる六つの詩集がある。郷里ダーラナを愛し,その自然と人情を知的な抒情詩にうたいあげた。1904年スウェーデン・アカデミー会員,12年以降常任事務総長に就任,現職のまま死去。死の直後,固辞していたノーベル文学賞を贈られた(1931)。工業化のさなかにあって,郷土文化保存運動の担い手でもあった。【田中 三千夫】
引用元: カールフェルト とは – コトバンク.

ウィリアム・スペンサー・ヴィックリー(William Spencer Vickrey、1914年6月21日 – 1996年10月11日)は、カナダ生まれのアメリカ合衆国の経済学者。コロンビア大学教授。1992年アメリカ経済学会会長。
>情報の非対称性下におけるインセンティブに関する研究でケンブリッジ大学のジェームズ・マーリーズと共に1996年ノーベル経済学賞を受賞したが、その発表3日後に亡くなった(ノーベル賞の規定では、死者に賞を与えることは認められていないが、受賞者決定後に本人が亡くなった場合には授賞が取り消されることはない)。
Vickrey Auctionで有名。交通渋滞、道路通行料金、電力料金の最適化等の研究でも知られる。
引用元: ウィリアム・ヴィックリー – Wikipedia.

William Spencer Vickrey (21 June 1914 – 11 October 1996) was a Canadian-born professor of economics and Nobel Laureate. Vickrey was awarded the 1996 Nobel Memorial Prize in Economic Sciences with James Mirrlees for their research into the economic theory of incentives under asymmetric information. The announcement of the prize was made just three days prior to his death; his Columbia University economics department colleague C. Lowell Harriss accepted the prize posthumously on his behalf.
引用元: William Vickrey – Wikipedia, the free encyclopedia.

コメント

  1. あかずきん より:

    ノーベル経済学賞を死後に受賞した経済学者がいる
    →×
    で正解確認しています。

    ヴィックリー…受賞発表3日後に死去
    スタインマン…発表の3日前に死去
    カールフェルト…1931年の受賞者だが、同年の4月に死去している。発表時期から考えて死後の発表と思われる
    ハマーショルド…1961年9月に事故死、カールフェルトと同様に没後受賞

    ヴィックリーのみ、「存命中に受賞が発表」いるため、上記問題の正解は×であると思われます。

    • IWIK より:

      該当箇所を訂正しました。

      ご指摘および、詳細な解説まで
      いただきありがとうございます。
      今後のQMAライフに有効活用していきます!