モディリアニ『黄色いセーターを着たジャンヌ ・エビュテルヌ』

180gjytjqdxklf
181aeitbywmxkt
グッゲンハイム美術館所蔵の絵画
『ヴァイオリン弾き』の作者は
シャガールですが

『黄色いセーターを着たジャンヌ
・エビュテルヌ』の作者は?
シャガール
キルヒナー
カンディンスキー
モディリアニ(答)
53%

連想
デ・キリコ『赤い塔』
ピカソ『黄色い髪の女』
カンディンスキー『多様な動き』
マティス『イタリア女』
グッゲンハイム美術館(答)

20120206215654031
画家モディリアニの作品
『赤毛の娘』に描かれている
当時の彼の恋人は?
ジャンヌ(答)

cimg3236
礼拝堂の壁画にハレー彗星を
描いた画家の名前がつけられた
1985年に欧州宇宙機関が
打ち上げたハレー彗星探査機は?
ベロッキオ
モディリアニ
ジオット(答)
ボッティチェリ

244jpmvmhplnp
並べ替え
聖母マリアとキリストの生涯を
描いた、ジオットによる壁画で
有名なイタリアのパドバにある
建物は◯◯◯◯◯◯◯礼拝堂?
ヴーェロニクス
スクロヴェーニ(答)
「スクロヴェーニ礼拝堂」

アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani、1884年7月12日 – 1920年1月24日)は、イタリアの画家、彫刻家。主にパリで制作活動を行った。芸術家の集うモンパルナスで活躍し、エコール・ド・パリ(パリ派)の画家の一人に数えられる。

>1917年3月アカデミー・コラロッシでジャンヌ・エビュテルヌと知り合い同棲を始める。12月3日ベルト・ヴァイル画廊にて生前唯一の個展を開催したが、裸婦画を出展したのが元で警察が踏み込む騒ぎとなり、一日で裸婦画を撤去する事態となった。1918年転地療養のためニースに滞在する。同年11月29日長女ジャンヌが誕生。1919年7月にはジャンヌ・エビュテルヌに結婚を誓約している。しかし、貧困と生来患っていた肺結核に苦しみ、大量の飲酒、薬物依存などの不摂生で荒廃した生活の末、1920年1月24日に結核性髄膜炎により死亡した(飲酒については肺結核による咳を抑えるため仕方なく飲んでいたとも言われる)。35歳没。ジャンヌもモディリアーニの死の2日後、後を追って自宅から飛び降り自殺した。この時妊娠9ヶ月だったという。ジャンヌの遺族の反対もあり、2人の遺体は10年後になってようやくパリのペール・ラシェーズ墓地に一緒に埋葬された。
引用元:アメデオ・モディリアーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8B