「ロイスダール」17世紀オランダの風景画家

239yxgxksrbizc
17世紀オランダで
活躍した風景画家です
ロイスダール(答)
Jacob Izaaksz van Ruisdael
49%

097esWSfVG
雲の切れ間から太陽光が柱の
ように放射状に地上に降り注いで
見える現象のことを、ある画家の
名前を用いて何という?
ミケランジェロ光線
ダ・ヴィンチ光線
ルーベンス光線
レンブラント光線(答)
引用元:「レンブラント光線」雲の切れ間から太陽光線が放射状へ降り注ぐ現象「薄明光線」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/19274/

ヤーコプ・ファン・ロイスダール(Jacob Izaaksz van Ruisdael, 1628年頃 – 1682年3月14日)は、17世紀のオランダの画家。最近は、姓をライスダールと表記する場合も多い。

>レンブラントやフェルメールが活躍した17世紀は、オランダ絵画の黄金時代と言われ、他にも多くの優れた画家が輩出した。こうしたオランダ絵画の黄金時代において、もっとも重要な風景画家と見なされるのがヤーコプ・ファン・ロイスダールである。

>ロイスダールは森林、海岸、田舎道などさまざまな風景を描いているが、国土が平坦で起伏の少ないオランダの風景においては、必然的に空と雲が重要な要素になる。彼の風景画は、地平線を低めにとって、さまざまな空と雲の表情を描写し、光と大気の効果を追求したものが多い。
引用元:ヤーコプ・ファン・ロイスダール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%AB

ロイスダール【Ruysdael】

オランダの風景画家。伯父と甥の二人がいる。正しくはライスダールと読む。(1)サロモンSalomon van Ruysdael(1600ころ‐70) ナールデンNaardenに生まれ,1623年の画家組合入会以後没するまでハールレムで活動。エサイアス・ファン・デ・フェルデの影響下から出発し,1620年代末から40年代半ばにかけて低い地平線,低い視点,きわめて限定された色彩,光の効果と雰囲気に対する周到な配慮などを特徴とする〈単色様式〉の風景画を同世代のファン・ホイエンとともに確立した。
引用元:ロイスダール(ロイスダール)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%AB-152311