「周利槃特」しゅりはんどく ミョウガを食べて物忘れする俗説

216kxeikarpvkj
次の文字を順に選んで
ミョウガを食べると物忘れをする
という俗説の由来となった
釈迦の弟子の名前にしなさい




「周利槃特」しゅりはんどく
31%

018mdrremcndb
次の文字列を組み合わせて
江戸野菜の名前にしなさい
早稲田───茗荷
谷中───生姜
滝野川───牛蒡
内藤───唐辛子
引用元:江戸野菜「早稲田茗荷」「谷中生姜」「滝野川牛蒡」「内藤唐辛子」 江戸青物市場「三大やっちゃ場」千住・神田・駒込 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/4421/

周利槃特(梵語:Cūḍpanthaka 英語:Cuuda-pantaka チューダ・パンタカ、しゅり・はんどく)は、釈迦仏の弟子の一人。また十六羅漢の一人。チューラ・パンタカ、すり・はんどく。音写は経典により異なり「周利槃陀伽」、「周利槃陀迦」、また修利(周陀、周梨とも)槃特、あるいは注茶・半託迦などとも書き、小道路、路辺生等と訳す。また略して槃特と呼称されることも多い。
周利槃特は釈迦の弟子中、もっとも愚かで頭の悪い人だったと伝えられる。そのため、愚路とも呼ばれた。

>ミョウガ-「食べると物忘れがひどくなる」という俗説と絡め、起源を周利槃特に求める俗説がある。
茗荷(ミョウガ)は「名前を荷う」と書きます。周利槃特は自分の名前も覚えられずに、名前の書いた看板を背負っていたところから 周利槃特の墓から生えてきた植物の名を茗荷としたとの説になりました。 茗荷を食べると物忘れをしやすくなると言われるようになったのも周利槃特のこれらの逸話から来たものです。
引用元:周利槃特 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E5%88%A9%E6%A7%83%E7%89%B9

ミョウガ(茗荷、蘘荷、学名:Zingiber mioga)はショウガ科ショウガ属の多年草。食用として利用される。

>俗に「食べると物忘れがひどくなる」と言われているが、学術的な根拠はなく、栄養学的にそのような成分は含まれていない。逆に近年、香り成分に集中力を増す効果があることが明らかになっている。無機成分では窒素とカリウムが多く含まれ、食物繊維(粗繊維)が多い。
なぜ、上記のような俗信が生まれたかというと、釈迦の故事に由来する。釈迦の弟子である周利槃特(梵語:チューラパンタカの音写で、しゅりはんどく、スリバンドクなど)は記憶力に乏しい人物で、自分の名前すら忘れてしまう。そこで名荷(みょうが:名札の事)を首にかけさせたが、名荷をかけたことさえも忘れてしまった。そこで名荷と茗荷が同音である事から、このような俗信が生まれたとされる[要出典]。
引用元:ミョウガ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%AC

早稲田みょうが 江戸時代に早稲田村、中里村(現在の新宿区早稲田鶴巻町、山吹町)で生産された。赤みが美しく大振りで晩生(おくて)のみょうがである。
東京都文京区に、茗荷谷という地名があるが、これは江戸時代に早稲田からこのあたりまで広がる茗荷畑を見下ろす谷であったことに由来する。
引用元:ミョウガ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%AC

周利槃特
しゅりはんどく

釈迦(しゃか)の弟子。サンスクリット名をチューダパンタカCapanthakaといい、朱利槃毒、周利槃陀迦(はんだか)などとも音写する。兄マハーパンタカMahpanthaka(摩訶(まか)槃特)とともに仏陀(ぶっだ)の教団に入ったが、兄が聡明(そうめい)であるのに対し、愚鈍なことで知られ、短い詩を4か月かけても暗誦(あんしょう)することができず、兄から叱責(しっせき)されて、還俗(げんぞく)するようにいわれた。しかし、仏陀から「塵(ちり)を払い、垢(あか)を除く」ということばと掃除だけを与えられ、それを繰り返し毎日続けて、ついに大悟して阿羅漢果(あらかんか)を得たという。これより転じて、愚鈍な者をさすことばともなった。[石上善應]
引用元:周利槃特(しゅりはんどく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%91%A8%E5%88%A9%E6%A7%83%E7%89%B9-78362

さて、茗荷といえば、たくさん食べると物忘れをする。と昔からいわれてきた。この俗説の由来は、ある非常に物覚えの悪いお坊さんが亡くなり、その墓から茗荷が生えてきたためだとされるが、本当のところは、少々趣の違う話である。

> その日から周利槃特は、雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も、毎日「ごみを払おう、ちりを除こう」と唱えながら掃除をし続けた。やがて「おろか者の周利槃特」と呼ぶ人はいなくなり、「ほうきの周利槃特」と呼ばれるようになった。そして数十年経ち、周利槃特は自分の心のごみやあかを全て除き、阿羅漢と呼ばれる聖者の位にまでなったのである。お釈迦様は、「悟りを開くということは決してたくさんのことを覚えることではない。わずかなことでも徹底すればよいのである。周利槃特は徹底して掃除をすることでついに悟りを開いたではないか。」と大衆の前でおっしゃった。その後、周梨槃特が亡くなり、彼のお墓にあまり見たこともない草が生えてきた。彼が自分の名を背に荷(にな)ってずっと努力し続けたことから、この草は「茗荷(みょうが)」と名づけられたということである。
引用元:asahi.com:茗荷(みょうが)を食べると物忘れする – 食 http://www.asahi.com/food/cooking/TKY200708020272.html
引用元:辻調おいしいネット / 和のおいしいことば玉手箱 http://www.tsujicho.com/oishii/recipe/j_food/tamate/myoga.html