「アヌンナキ」バビロニア神話の神々

032ulnfcfoholo
バビロニア神話に登場する
神々の集団のこと
アヌンナキ(答)
Anunnaki
15%

アヌンナキ (Anunnaki) あるいはアヌンナク (Anunnaku) 、アナナキ (Ananaki)とは、シュメールおよびアッカドの神話に関係する神々の集団であり、「アヌンナ (Annuna) 」(五十柱の偉大なる神々)と「イギギ (Igigi) 」(小さな神々)という言葉が合わさったものである。後期バビロニア神話によれば、アヌンナキは兄妹神アヌとキの子であり、アヌとキはまた、アンシャールとキシャール(「天の軸」「地の軸」の意)の子、そのアンシャールとキシャールは、ラハムとラフムの子であった。
アヌンナキの会合の長は偉大なる空の神で、都市ウルクの守護神でもあるアヌであり、他の参加者はアヌの子である。
引用元:アヌンナキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%AD

シュメールの各地ではくさび形文字が書かれた何万枚もの粘土板の古文書が見つかっています。1970年代にユダヤ人ゼカリアシッチンはシュメールの粘土板文字を長年解読した成果を発表しました。粘土板には、ニビルという惑星からやって来た異星人アヌンナキが、アヌンナキとサルの遺伝子を使って地球人を科学的に創造し、地球人とともに文明をつくり、大洪水を経て、ふたたびアヌンナキが人類に文明を教えた、といったことが書かれていたのです。
引用元:goodpage4 http://www14.plala.or.jp/tm86/newpage4.html

The Anunnaki (also transcribed as: Anunaki, Anunna, Anunnaku, Ananaki and other variations) are a group of deities in ancient Mesopotamian cultures (e.g. Sumerian, Akkadian, Assyrian, and Babylonian).[1]
引用元:Anunnaki – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Anunnaki