「直江景綱」「柿崎景家」「甘粕景持」「宇佐美定満」

224jxrseoftrmj
次の文字列を組み合わせて
「上杉四天王」と呼ばれた
上杉謙信に仕えた武将の
名前にしなさい
直江───景綱
柿崎───景家
甘粕───景持
宇佐美───定満
74%

101gtelymdfiad
次の川中島の戦いでの合戦と
その別名の正しい組み合わせを
選びなさい
第二次合戦───犀川の戦い
第一次合戦───布施の戦い
第五次合戦───潮崎の戦い
第三次合戦───上野原の戦い
第四次合戦───八幡原の戦い
引用元:第一次「布施」第二次「犀川」第三次「上野原」第四次「八幡原」第五次「潮崎」 http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/30543/

上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代の越後国(現在の新潟県上越市)の武将・戦国大名。後世、越後の虎や越後の龍、軍神と称される。
上杉家の下で越後国の守護代を務めた長尾氏出身で、初名の長尾 景虎(ながお かげとら)でもよく知られている。兄である晴景の養子となって長尾氏の家督を継いだ。のちに関東管領上杉憲政から山内上杉氏の家督を譲られるとともに「政」の1字を与えられて上杉 政虎(うえすぎ まさとら)と改名し、それまで上杉氏が世襲していた室町幕府の重職関東管領をも引き継いだ。後に室町幕府の将軍・足利義輝より偏諱(「輝」の1字)を受けて、最終的には上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)と名乗った。謙信は、さらに後に称した法号である。

上杉四天王[編集]
『上杉将士書上』[要高次出典]を出典。また、『甲越信戦録』(著者不明、江戸時代末期の軍記物)では景綱は直江兼続に換えて表記。
柿崎景家
直江景綱
宇佐美定満
甘粕景持
引用元:上杉謙信 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E8%AC%99%E4%BF%A1

柿崎景家(かきざき・かげいえ 1513?~1574)とは、日本の戦国時代に上杉謙信(長尾景虎)に属して活躍した鉄砲玉であり、みんな大好き脳筋武将である。

和泉守、弥次郎

なお、マクロスの柿崎とは関係ない。

『越後七郡に並ぶものなし』と呼ばれ、合戦の時は先陣切って突っ込んで行く猛将。

反面、脳筋によくあるように好色・尻軽で、それ以外に能が無い。挙句の果てには織田信長との内通を疑われ、誅殺される…と言うのが俗説だが、この辺りは脚色された疑いが強い。更に海音寺潮五郎の小説『天と地と』等では超脳筋で好色で裏切り者として書かれているため、コーエー補正も手伝って負のイメージが定着してしまった。柿崎景家が戦場で頼りになる鉄砲玉だったのは事実だったようで、上杉謙信の先手組大将として戦場を縦横無尽に駆け回り、第4回川中島の合戦(八幡原の戦い)では武田信玄の本陣に突撃を敢行。武田軍本隊を壊滅寸前まで追い詰めたと言われる。その他の合戦でも常に先頭に立ち敵をバッタバッタと薙ぎ倒しすぎたため、敵は景家の名前を聞いただけで逃げ出したとまで言われている。
引用元:柿崎景家とは (カキザキカゲイエとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%9F%BF%E5%B4%8E%E6%99%AF%E5%AE%B6

「直江実綱/直江景綱」(なおえ・さねつね/なおえ・かげつな 1509?~1577)とは、越後長尾家三代に仕えて、軍神・上杉謙信の信頼をうけて政治・外交・軍事と家政全ての面において辣腕を振るって「景」の字を賜った能臣である上杉四天王の一人。

越後守護上杉氏の家臣飯沼氏の家臣だった直江親綱の子に生まれる。

※後に長尾景虎が継いだ上杉氏は別の上杉氏。

上杉謙信の父・長尾為景が越後に勢力を張って飯沼氏が滅ぼされると、飯沼氏の居城だった与板城の城主となり、まずは直江実綱と名のった。

その後、国人のとりまとめが上手くいかなかったり、一度は力を抑えた越後守護上杉氏の勢力回復により、長尾為景が隠居して家督を長男の長尾晴景に譲ると、直江実綱は長尾晴景の家臣として仕えていたが、越後の混乱が収められない長尾晴景に「糸色望したー」のか長尾晴景の弟の長尾景虎擁立に動き、上杉定実の仲介もあって家督が長尾景虎に譲られることとなると、自称・毘沙門天の生まれ変わりである長尾景虎のもとで越後統一に尽力する事になった。
引用元:直江景綱とは (ナオエカゲツナとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%9B%B4%E6%B1%9F%E6%99%AF%E7%B6%B1

甘粕 景持(あまかす かげもち)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。上杉氏の家臣で上杉四天王、越後十七将の一人。越後国飯塚(現新潟県長岡市)桝形城主、越後国三条城主。

初名は長重であったが、景虎から偏諱を受け景持と改名した。
永禄2年(1559年)、上洛していた景虎が帰国した際に、越後の諸将は景虎の壮挙を祝して太刀を贈ったが、景持も「披露太刀之衆」の一人として金覆輪の太刀を進呈している。永禄3年(1560年)、景虎による関東管領・上杉憲政を奉じた関東出陣に従い、北条氏康の籠る小田原城攻撃にも従軍した。また、景虎が関東管領職と上杉の名跡を継承した際には、宇佐美定満・柿崎景家・河田長親と共に鎌倉鶴岡八幡宮で御先士大将を務めている。
長尾景虎改め上杉政虎(謙信)は、永禄4年(1561年)8月、川中島に出陣して甲斐国の武田信玄と対峙した(第四次川中島の戦い)。この戦いで景持は殿軍を承り、千曲川に布陣して妻女山から下ってくる武田軍の別働隊と激戦を繰り広げた。そのため武田軍では、謙信自ら殿軍となったと勘違いした者が多かったという。また景持について、『甲陽軍鑑』では「謙信秘蔵の侍大将のうち、甘粕近江守はかしら也」、『松隣夜話』では「勇気知謀兼備せる侍大将」と激賛している。なお、この戦いの帰途の際に、上杉本陣に祀り、謙信自ら戦勝祈願の護摩を厳修したと伝えられる不動明王立像を柿崎景家・直江景綱とともに現在の長野県須坂市にある米子不動尊の本尊として安置したという。
引用元:甘粕景持 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%98%E7%B2%95%E6%99%AF%E6%8C%81

宇佐美定満
うさみさだみつ

戦国時代の武将。越後・琵琶島(「枇杷島」とも書く)城主。上杉謙信の軍師として有名(1489年(延徳元年)〜1564年8月11日(永禄7年7月5日))。

上杉四天王の一人であり、上杉二十五将や越後十七将にも数えられている。
元々は父と共に越後守護である越後上杉家に仕え、勢力を強めていた守護代長尾為景(謙信の父)と戦った。父が戦死した後は、越後上杉家の分家である上条上杉家に仕えて引き続き為景と戦うが、1536年(天文5年)に敗れて降伏した。為景の死後はその嫡男の晴景に仕え、晴景が治世に失敗して弟の景虎が台頭するとそちらに仕えた。景虎に対して反抗した長尾政景を屈服させるのに功があったという。
元号が永禄に入る頃(1558年頃)には老齢を理由に隠棲した。最期は1564年(永禄7年)に、政景との船遊び中に溺死。彼の死後宇佐美家は没落し、本拠であった琵琶島城も廃城となった。一説にはこの死は定満が災いの種となる可能性のある政景を除くため、我が身を差し出した結果であるという。また、宇佐美家が厳罰を受けたのは、この騒動で政景の一門が反抗しないためであったという。享年76歳。
引用元:宇佐美定満 (うさみさだみつ)とは【ピクシブ百科事典】 http://dic.pixiv.net/a/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%BE%8E%E5%AE%9A%E6%BA%80