「摩利支天」武士の守護神 陽炎を神格化

035jjrmoqfofov
信玄の軍師・山本勘助ら
多くの武将が信仰した
光や陽炎を神格化した神は?
不動明天
閻利支学
摩魔大王
摩利支天(答)
67%

053FePDXXv
七福神の一人
経巻を結びつけた杖を持つ
鶴を従えている
南極星に化身とされている
弁財天
大黒天
毘沙門天
福禄寿(答)
寿老人

連想
七福神の一人
巻物をつけた杖を持つ
鹿を連れている
別名「南極老人」
寿老人(答)じゅろうじん

連想
七福神の一人
ヒンズー教では財宝の神
右手に鉾・左手に宝塔
戦いの神として戦国武将に大人気
毘沙門天(答)
引用元:「福禄寿」経巻と鶴 南極星の化身 「寿老人」巻物と鹿 南極老人 「弁財天」サラスバティー川の河神 琵琶 「大黒天」マハーカーラ キヨソネ図案の旧一円券 「恵比寿」唯一の日本の神様 釣り竿と鯛 「布袋」実在の人物 布袋腹 「毘沙門天」ヒンズー教の財宝神 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/23886/

摩利支天(まりしてん, 梵: Marīcī, 訳:陽炎、威光)は、仏教の守護神である天部の一柱。日天の眷属である。
原語のMarīcīは、太陽や月の光線を意味する。摩利支天は陽炎を神格化したものである。 摩利支天の原形となった尊格は、おそらく古代インドのヴェーダ神話に登場する暁の女神ウシャスであろう。[独自研究?] 陽炎は実体がないので捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない。隠形の身で、常に日天の前に疾行し、自在の通力を有すとされる。これらの特性から、日本では武士の間に摩利支天信仰があった。

護身、蓄財などの神として、日本で中世以降信仰を集めた。楠木正成は兜の中に摩利支天の小像を篭めていたという。また、毛利元就や立花道雪は「摩利支天の旗」を旗印として用いた。山本勘助や前田利家や立花宗茂といった武将も摩利支天を信仰していたと伝えられている。禅宗や日蓮宗でも護法善神として重視されている。
日本の山岳信仰の対象となった山のうちの一峰が摩利支天と呼ばれている場合があり、その実例として、木曽御嶽山(摩利支天山)、乗鞍岳(摩利支天岳)、甲斐駒ヶ岳があげられる。
タイ捨流剣術では、現在でもなお、「タイ捨流忍心術」摩利支天経を唱えてから稽古や演武に入る。[1]
引用元:摩利支天 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%91%A9%E5%88%A9%E6%94%AF%E5%A4%A9

摩利支天
まりしてん

サンスクリット語マリーチMarciの音写語。古くは一群の風神マルトの主といい、また創造主プラジャーパティの1人。かげろう、日の光を意味することばで、その神格化でもあり、漢訳経典で陽炎、威光と訳す。昔、帝釈天(たいしゃくてん)がアスラ(阿修羅(あしゅら))と戦ったとき、日と月を守ったという。自らは陰形、つまり姿を見せないが、この神を念ずると、他人はその人を見ず、知らず、害することなく、欺くことなく、縛することなく、罰することがない、という。日本では武士の守護神とされ、護身、陰身、遠行、保財、勝利をもたらすとされた。形像は通常、三面、各三眼、八臂(はっぴ)で金剛杵(こんごうしょ)、弓箭(きゅうせん)などを持ち、猪(いのしし)に乗る姿で示されるが、天女像の場合もある。[奈良康明]
引用元:摩利支天(まりしてん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%91%A9%E5%88%A9%E6%94%AF%E5%A4%A9-137411

毘沙門天(びしゃもんてん、梵名: ヴァイシュラヴァナ、梵: वैश्रवण, VaiśravaṇaまたはvaizravaNa)は、仏教における天部の仏神で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神であり、四天王では多聞天として表わされる[1]。また四天王としてだけでなく、中央アジア、中国など日本以外の広い地域でも、独尊として信仰の対象となっており、様々な呼び方がある。種子はベイ(vai)。
引用元:毘沙門天 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%98%E6%B2%99%E9%96%80%E5%A4%A9