「ヘンリ8世」「エドワード6世」「メアリ1世」「エリザベス1世」イギリスの宗教改革

024dogcdriikqi
イギリス宗教改革期の
次の国王を
即位した順に選びなさい
ヘンリ8世
エドワード6世
メアリ1世
エリザベス1世
41%

概ね数字大きい順

16世紀のヘンリ8世の離婚問題に端を発し、イギリスの教会はローマ教会からの分離独立し、エリザベス1世の時に徳爾の国教会を樹立した。

イギリス(イングランド)の宗教改革は、テューダー王朝の1534年、ヘンリ8世の王妃離婚問題から始まるという特異な形態をとった。信仰の内容での革新運動は伴わず、ローマ教皇とその勢力下にある教会および修道院との政治的対立という形で進んだ。メアリ1世の時にはカトリックに復帰するなどの混乱をへて、1559年にエリザベス1世の諸改革によってイギリス国教会制度が確立した。
引用元:イギリスの宗教改革 http://www.y-history.net/appendix/wh0903-048_0.html

イングランドの宗教改革[ソースを編集]
イングランドでは、ヘンリー8世の離婚問題が改革の直接原因で、政治的・経済的な動機も強い。ヘンリー8世は、教皇権と分離したイギリス国教会(アングロ・カトリック)を設立し、新たに教会組織を作ろうと図った。これに反対した大法官モアは処刑された。のちヘンリー8世はローマ・カトリックの修道院を多数廃止し、その財産を没収して、国庫へと入れた。
ヘンリー8世のあとを継いだエドワード6世 は、1552年にノックスの影響を受けたカルヴァン主義的な42箇条に署名し、エドワード6世の時代にプロテスタントの宗教改革が進められたが、メアリー1世はローマ教皇を中心とするカトリック教会を復活してプロテスタントを取り締まり、約300人を処刑したため、ブラッディ・マリー(血まみれマリー)と呼ばれた。 これは、ローマ教皇を中心とするカトリック教会の考えによれば、修道院解散で富を得た者たちが反発したにすぎないとしている。
メアリー1世の後を継いだエリザベス1世は再びイングランド国教会を国教とし、イングランドにおける国教会の優位が確立した。しかし、政治的・経済的な動機が強かったイングランドの改革を不十分とみなし、更に改革を推し進めたのが清教徒たちであった。
引用元:宗教改革 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99%E6%94%B9%E9%9D%A9

イギリスの絶対主義の時代、テューダー王朝の第2代の国王(在位1509~1547年)として絶対王政を確立するとともに、ローマ教皇パウルス3世と離婚問題から対立して破門され、イギリス宗教改革を断行した。また、イングランドのみでなくウェールズ、スコットランド、アイルランドの統治権も行使し、イギリスを一つの主権国家としての統合を進めた。また宗教改革を議会との協調で進めるなど、絶対王政ではあるが議会との概ね良好な関係を保った。それによって当時ヨーロッパの弱小国に過ぎなかったイギリスが後の大国に発展する前提を作ったと言うことができる。生涯6度の結婚をしたが、男子後継者はエドワード6世だけで、しかも彼も若くして死去したためヘンリの娘メアリ1世が王位を継承、メアリの時のカトリックへの反動などでテューダー朝は一時混乱したが、次のその妹エリザベス1世の時、ヘンリ8世の作り上げた国教会体制が完成することとなる。
引用元:ヘンリ8世 http://www.y-history.net/appendix/wh0903-048.html

 イギリス・テューダー王朝の国王(在位1547~53年)。ヘンリ8世と3番目の妻ジェーン=シーモアとの間の男子。父の死去によって9歳で国王となり、16歳で病死した。わずかな期間の国王であったが、新教派の貴族が摂政となり、国教会にカルヴァンの教えを取り込んで教義を整備し、プロテスタント化政策を進めた。この間、イギリス議会では「一般祈祷書」が制定され、イギリス国教会の信仰基準が定められた。
引用元:エドワード6世 http://www.y-history.net/appendix/wh0903-052.html

エドワード6世の次のテューダー王朝の女王(在位1553~58年)。エドワードがわずか16歳で死去したとき、ヘンリ8世の遺言で国王となった。イギリス史上最初の女王である。彼女は母がスペインの王女キャサリンであり、熱心なカトリックの信者であったため、エドワード6世の治世には厳しい迫害を受けていた。はからずも女王となったメアリはカトリック復帰策を打ち出した。ヘンリ8世、エドワード6世のもとで修道院財産の分与を受けた富裕な市民は、その返還を求められるのではないかと恐怖した。さらに38歳のメアリはスペインとの関係を回復するため、27歳のスペインの皇太子フェリペ(後のフェリペ2世)と結婚(1554年)し、一方でローマ教皇との関係も修復しようとした。
 1557年には、前世紀末以来続くイタリア戦争でフランスと対立していたスペイン・フェリペ2世の要請でフランスに出兵したが、イギリス軍はギーズ公の率いるフランス軍との戦いに敗れ、翌58年、カレーを失った。これで百年戦争以来フランス内に残っていたイギリスの領土はすべて失われた。1558年メアリは病死し、次のエリザベス1世が国教会に復帰したため、カトリック反動は終わった。
引用元:メアリ1世 http://www.y-history.net/appendix/wh0903-054.html

イギリス(厳密にはイングランド王国)のテューダー王朝のメアリ1世の次に王位についたの女王(在位1558~1603年)。父はヘンリ8世、母はアン=ブーリン。アン=ブーリンは彼女を生んだ後、姦通罪で処刑されていた。しかしメアリ1世の親スペイン政策に不満を強めていたイギリス国民の心をつかみ、宗教問題の解決を進め、国民的な統合を再現して、テューダー朝絶対王政を確立した。彼女は生涯結婚することなく、「わたしはイギリスと結婚した」と自ら言っているように政治に一生を捧げたところから「処女王」といわれて人気が高く、後の人びとからイギリスの繁栄した時代ととらえられた。彼女は結婚しなかったので王位継承者はスコットランドの王家ステュアート家から迎えることとなり、テューダー朝は終わりを告げた。
引用元:エリザベス1世 http://www.y-history.net/appendix/wh0903-055.html