「羊が人間を食い殺している」「朕は国家なり」「地球は青かった」

020ewowdcefvdy
次の歴史上で有名なフレーズを
それを残した人物の生きた時代が
古い順に選びなさい
「エジプトはナイルの賜物」 ヘロドトス、紀元前4世紀
「ブルータスよ、お前もか」 カエサル、BC44
「羊が人間を食い殺している」 トマス・モア『ユートピア』1516
「朕は国家なり」 太陽王ルイ14世、17世紀
「人民の人民による人民の為の政治」 リンカーン、1863
「地球は青かった」───ガガーリン 1961
70%

CIMG7007Y6XRbaHlyCw7
冬目景の漫画
小栗旬、加藤夏希主演で映画
中原中也の詩集に由来
血を求める高城一族の物語
『ハツカネズミの時間』
『羊のうた』(答)
『イエスタデイズをうたって』
『ももんち』
引用元:文学作品と書かれた時代 昭和時代『雪国』『山羊の歌』『斜陽』 明治時代『三四郎』『田舎教師』 冬目景(とうめけい・女性)の漫画『羊の歌』吸血一族の物語 中原中也『山羊の歌』由来 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/16425/

cimg6352
次の歴史上で有名なフレーズを
それを残した人物の生きた時代が
古い順に選びなさい
「ブルータス、お前もか」
「朕は国家なり」
「人民の人民による人民の為の政治」

ヘロドトス(ヘーロドトス、希: Ἡρόδοτος, Hēródotos、羅:Herodotus、紀元前485年頃 – 紀元前420年頃)は、古代ギリシアの歴史家で、今日まとまった形で伝承された最初の歴史書『歴史』により「歴史の父」とも呼ばれる。
>なお、「エジプトはナイルの賜物」という言葉はヘロドトスが『歴史』(巻二、五)に書いているが、元はヘカタイオスの言葉である(この「エジプト」はナイルデルタを指しており、デルタがナイル川の運ぶ泥が滞積したものであることは当時から知られていた)。
引用元:ヘロドトス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%88%E3%82%B9

「ブルータス、お前もか」(ラテン語: Et tu, Brute?/Et tū, Brūte?)は、ラテン語の史的な格言であり、共和制ローマ末期の独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルが議場で刺殺された時、今際の際に、腹心の1人であった元老院議員マルクス・ユニウス・ブルトゥス(父と区別して小ブルトゥスとも)に向かって叫んだとされる言葉である。自身の暗殺にブルトゥスが加担していた事を知ったカエサルが、「ブルトゥス、お前も私を裏切っていたのか」と非難したものである。

>紀元前44年3月15日、独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルは自らの古い友人であり、腹心でもあった元法務官・元老院議員マルクス・ユニウス・ブルトゥスや部下でブルトゥスの従兄弟デキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌス、かつての敵だったガイウス・カッシウス・ロンギヌスら閥族派によって暗殺された。カエサルは暗殺の際にブルトゥスの姿を認めるとひどく落胆し、トーガで自身の体を覆う仕草を見せて”Et tu, Brute?”と呟いたという。
引用元:ブルータス、お前もか – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%80%81%E3%81%8A%E5%89%8D%E3%82%82%E3%81%8B

「朕は国家なり」

フランス、ブルボン朝第三代国王“太陽王”ルイ一四世(在位一六四三~一七一五)がいったとされる、絶対主義、絶対君主制の国家観(王権神授説)を象徴することば。
引用元:「朕は国家なり」(チンハコッカナリ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%80%8C%E6%9C%95%E3%81%AF%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%8D-899253

トマス・モア(英語: Thomas More、1478年2月7日 – 1535年7月6日)は、イングランドの法律家、思想家。カトリック教会と聖公会で聖人。政治・社会を風刺した『ユートピア』の著述で知られる。

>また、イングランドでは地主や長老がフランドルとの羊毛取引のために農場を囲い込んで羊を飼い、村落共同体を破壊し、農民たちを放逐する現状を深く慨嘆し、「羊はおとなしい動物だが(イングランドでは)人間を食べつくしてしまう」(『ユートピア』第1巻)という意味の言葉を残している(カール・マルクスは『資本論』にモアを引用し、本源的蓄積について論じているが、かなり誇張された表現だという指摘もある。囲い込みの項を参照)。
引用元:トマス・モア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%A2

ゲティスバーグ演説(ゲティスバーグえんぜつ、英: Gettysburg Address)は、1863年11月19日、ペンシルベニア州ゲティスバーグにある国立戦没者墓地の奉献式において、アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが行った演説である。一般的に「人民の、人民による、人民のための政治」の訳で知られる演説。
>ゲティスバーグ演説は、272語1449字という約2分間の極めて短いスピーチであったにもかかわらず、リンカーンの演説の中では最も有名なものであり、また歴代大統領の演説の中でも常に第一に取り上げられるもので、独立宣言、合衆国憲法と並んで、アメリカ史に特別な位置を占める演説となっている。
引用元:ゲティスバーグ演説 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%E6%BC%94%E8%AA%AC

ユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン(Юрий Алексеевич Гагарин、ラテン文字転写:Yuri Alekseyevich Gagarin、1934年3月9日 – 1968年3月27日)は、ソビエト連邦の軍人、パイロット、宇宙飛行士。最終階級は大佐。
1961年、世界初の有人宇宙飛行としてボストーク1号に単身搭乗した人物である。日本においてのみ、ガガーリンを象徴とする言葉として、帰還後に語ったとされる「地球は青かった」が有名であるが、正確な引用ではない(後述)。
引用元:ユーリイ・ガガーリン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3