『孫子』呉越同舟『論語』暴虎馮河 温故知新『孟子』五十歩百歩『荘子』顰に倣う『列子』杞憂『後漢書』登竜門『史記』曲学阿世 臥薪嘗胆 鳴かず飛ばず『戦国策』虎の威を借る狐『淮南子』人間万事塞翁が馬『塩鉄論』窮鼠猫を噛む

469ebmowfrpsuk
故事成語の出典
「呉越同舟」
「師を囲めば必ず闕(か)く」 敵を囲むときはどこかを空けておくこと
「三十六計逃げるに如かず」
『孫子』(答)
『孟子』
『列子』
『漢書』
54%


故事成語の出典
暴虎馮河 ぼうこひょうが「虎に素手、黄河を徒歩から、無謀な行いのこと」
君子は危うきに近寄らず
四十にして惑わず
『論語』(答)

連想
故事成語の出典
一を聞いて十を知る
温故知新
義を見てせざるは勇なきなり
『論語』(答)

連想
故事成語の出典
五十歩百歩
事大主義 「主流派に迎合・追従すること」
匹夫之勇
『孟子』(答)

連想
故事成語の出典
顰みに倣う
蟷螂の斧 「カマキリが車を止めようとすることから、無謀な行いをすること」
井の中の蛙大海を知らず
『荘子』(答)

047cnKzoeNyLa
次の画像を順に選んで
考えもなしに、優れた人の
言動を真似することを表す
言葉にしなさい
(画像選択肢)
Dの画像   元素記号Asヒ素「ひそ」
Bの画像   ミニスカート「みに」
Cの画層   奈良県「なら」
Aの画像   鵜「う」
「顰に倣う」
引用元:松尾芭蕉「象潟や雨に西施が 合歓の花」 秋田県 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/1033/

連想
故事成語の出典
杞憂
朝三暮四
疑心暗鬼
『列子』(答)

連想
故事成語の出典
登竜門
梁上の君子 「梁上にひそんでいる盗賊をいったことから、どろぼう」
虎穴に入らずんば虎子を得ず
『後漢書』(答)

連想
故事成語の出典
曲学阿世
完璧
禍福は糾える縄の如し
『史記』(答)

連想
故事成語の出典
鳴かず飛ばず
背水の陣
完璧
『史記』(答)

連想
故事成語の出典
鳴かず飛ばず
刎頸の交わり
臥薪嘗胆
『史記』(答)

連想
故事成語の出典
虎の威を借る狐
漁夫の利
隗より始めよ
『戦国策』(答)

連想
故事成語の出典
人間万事塞翁が馬
渇しても盗泉の水を飲まず
一葉落ちて天下の秋を知る
『淮南子』(答)

連想
故事成語の出典
利は天より来たらず
窮鼠猫を噛む
言うは易く、行うは難し
『塩鉄論』(答)

『孫子』(そんし)は、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書。武経七書の一つ。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。紀元前5世紀中頃から紀元前4世紀中頃あたりに成立したと推定されている。
『孫子』以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かった[1]。孫武は戦争の記録を分析・研究し、勝敗は運ではなく人為によることを知り、勝利を得るための指針を理論化して、本書で後世に残そうとした。
引用元:孫子 (書物) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E5%AD%90_(%E6%9B%B8%E7%89%A9)

『論語』(ろんご、拼音: Lúnyǔ)とは、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物である。『孟子』『大学』『中庸』と併せて儒教における「四書」の1つに数えられる。
四書のひとつである『孟子』はその言行の主の名が書名であるが、『論語』の書名が(たとえば「孔子」でなく)『論語』であるその由来は明らかでない。(『漢書』巻30芸文志[1]に「門人相與輯而論纂 故謂之 論語」と門人たちが書き付けていた孔子の言葉や問答を、孔子死後に取り集めて論纂し、そこで『論語』と題したとある。)
引用元:論語 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%96%E8%AA%9E

孟子(もうし、紀元前372年? – 紀元前289年)は戦国時代中国の儒学者。姓は不詳、氏は孟、諱は軻(か)、字は子輿(しよ)。亜聖(あせい)とも称される。孟子の「子」とは先生というほどの意。儒教では孔子に次いで重要な人物であり、そのため儒教は別名「孔孟の教え」とも呼ばれる。
あるいはその言行をまとめた書『孟子』(もうし)。性善説を主張し、仁義による王道政治を目指した。
引用元:孟子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9F%E5%AD%90

『荘子』(そうじ、そうし)は、荘子(荘周)の著書とされる道家の文献。 現存するテキストは、内篇七篇・外篇十五篇・雑篇十一篇の三十三篇で構成される。
>『荘子』は無為自然を説く。ただしその内容は、各篇によってさまざまである。
森三樹三郎によれば、内篇では素朴な無為自然を説くのに対し、外篇・雑篇では「有為自然」、すなわち人為や社会をも取り込んだ自然を説いているという。
雑篇になると、たとえば「説剣篇」のように、あきらかに荘子本来の思想ではないものも混じっている。
固有名詞をまったく使わない『老子』と違って、『荘子』の中には実在の人物のエピソードが数多く含まれている。もっともそれらのほとんどは寓言であり、歴史的資料になるものではないが、当時の風俗を知る上で貴重な資料となっている。登場回数が多いのは孔子とその弟子たちで、『荘子』では、孔子は道化役にも、尊敬すべき人ともされている。
引用元:荘子 (書物) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%98%E5%AD%90_(%E6%9B%B8%E7%89%A9)

『列子』(れっし)は、春秋戦国時代の人、列御寇(河南鄭州人)の尊称(「子」は「先生」というほどの意)だが、一般的には、列御寇の著書とされる道家の文献を指す。別名を『冲虚至徳真経』ともいう。
>構成[編集]
『漢書』芸文志に列圄寇の著として『列子』8巻が見える。 『天瑞』、『黄帝』、『周穆王』、『仲尼』、『湯問』、『力命』、『楊朱』、『説符』の8巻、多くの寓言により、道家的思想を伝える。
『荘子』等の内容を引くなど、古来より単独の著者により記述されたものではないと見られている。現存の8巻には仏教思想も含まれており、この部分はのちに混入されたともいうが、現存本は魏晋代以降に成立した偽書であるとの説も根強い。  
引用元:列子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%97%E5%AD%90

『後漢書』(ごかんじょ)は、中国後漢朝について書かれた歴史書。二十四史の一つ。本紀十巻、列伝八十巻、志三十巻の全百二十巻からなる紀伝体。成立は5世紀南北朝時代の南朝宋の時代で編者は范曄(はんよう、398年 – 445年)。
引用元:後漢書 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E6%BC%A2%E6%9B%B8

『史記』(しき)は、中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書である。正史の第一に数えられる。二十四史のひとつ。計52万6千5百字。著者自身が名付けた書名は『太史公書』(たいしこうしょ)であるが、後世に『史記』と呼ばれるようになるとこれが一般的な書名とされるようになった。「本紀」12巻、「表」10巻、「書」8巻、「世家」30巻、「列伝」70巻から成る紀伝体の歴史書で、叙述範囲は伝説上の五帝の一人黄帝から前漢の武帝までである。このような記述の仕方は、中国の歴史書、わけても正史記述の雛形となっている。
二十四史の中でも『漢書』と並んで最高の評価を得ているものであり、単に歴史的価値だけではなく文学的価値も高く評価されている。
日本でも古くから読まれており、元号の出典として12回採用されている。
引用元:史記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B2%E8%A8%98

『戦国策』(せんごくさく)は、前漢の劉向の撰になり、戦国時代の遊説の士の言説、国策、献策、その他の逸話を国別に編集し、まとめ上げた書物。全33篇。「戦国時代」という語はこの書に由来する。
引用元:戦国策 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E7%AD%96

『淮南子』(えなんじ、中国語: 淮南子; ピン音: Huáinánzǐ; ウェード式: Huai-nan Tzu)は、前漢の武帝の頃、淮南王劉安(紀元前179年–紀元前122年)が学者を集めて編纂させた思想書。日本へはかなり古い時代から入ったため、漢音の「わいなんし」ではなく、呉音で「えなんじ」と読むのが一般的である。『淮南鴻烈』(わいなんこうれつ)ともいう。劉安・蘇非・李尚・伍被らが著作した。
10部21篇。『漢書』芸文志には「内二十一篇、外三十三篇」とあるが、「内二十一篇」しか伝わっていない。道家思想を中心に儒家・法家・陰陽家の思想を交えて書かれており、一般的には雑家の書に分類されている。
引用元:淮南子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%AE%E5%8D%97%E5%AD%90

塩鉄論(鹽鐵論、えんてつろん)は、前漢の始元6年(紀元前81年)に当時の朝廷で開かれた塩や鉄の専売制などを巡る討論会(塩鉄会議)の記録を、後日に桓寛が60篇の書物にまとめたもの。
引用元:塩鉄論 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E9%89%84%E8%AB%96