「フェルキッシャー・ベオバハター」ナチスの機関紙

266czfohtdhizl
次の文字列を順に選んで
ドイツ語で「民族の観察者」と
いう意味がある、ナチスが
発行した機関紙の名前にしなさい
フェル
キッシャー
ベオ
バハター
「フェルキッシャー・ベオバハター」
Völkischer Beobachter
49%

『フェルキッシャー・ベオバハター』(独: Völkischer Beobachter, 「民族的観察者」の意)は、ドイツで発行されていた新聞で、国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)の中央機関紙。ナチ党の各支部や有力者はそれぞれ新聞や雑誌を発刊しているが、ナチ党系の機関紙・雑誌の中では最も発行部数が多く、政権獲得以前から対外的にも大きな影響力を持った[1]。1920年に創刊された。最初は週刊で発行され、1923年2月8日より日刊となった。25年間に渡りナチ党の公式メディアの一翼を担った。
引用元:フェルキッシャー・ベオバハター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%8F%E3%82%BF%E3%83%BC

フェルキッシャー・ベオバハター【Völkischer Beobachter】

ドイツ・ナチスの中央機関紙。〈民族の観察者〉の意味。前身は1887年ミュンヘンで創刊された《ミュンヒナー・ベオバハターMünchner Beobachter》で,1918年に上記の題号に改題,20年にヒトラーが買収し,ナチスの機関紙とした。当初は週2回刊,23年2月から日刊となるが,その年の11月ナチスがミュンヘン一揆に失敗したため,党とともに活動を禁じられた。しかし25年に復刊し,当初はミュンヘンだけで発行されていたが,30年にはベルリンでも,38年にはオーストリア併合でウィーンでも発行するなど,ナチスの発展とともに伸長し,44年の最盛期には170万部に達したものの,45年ナチスの崩壊とともに消滅した。
引用元:フェルキッシャー・ベオバハターとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%EF%BD%A5%E3%83%99%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%8F%E3%82%BF%E3%83%BC-1200473