「橘三千代」藤原不比等の妻 光明皇后の母

132vkgrwxfxqby
夫や子を残し
藤原不比等のもとへ走った
ことで知られる
光明子の母親は?
千原橘元代
明牟三漏藤
橘三千代(答)
52%

県犬養 三千代(あがた(の)いぬかい の みちよ、天智天皇4年(665年)? – 天平5年1月11日(733年2月4日))は、奈良時代前期の女官。橘三千代ともいう。

>時期は不詳であるが美努王とは離別し、藤原不比等の後妻となり、光明子・多比能を生んだ(多比能の母に関しては異説あり)。不比等は持統天皇3年(689年)段階で直広肆・判事の職にあった少壮官僚で、持統天皇10年(696年)には高市皇子の死去に伴い不比等は政権中枢に参画した。文武天皇元年(697年)8月には不比等の娘宮子が即位直後の文武天皇夫人となり、藤原朝臣姓が不比等とその子孫に限定され藤原氏=不比等家が成立する。こうした文武天皇即位に伴う不比等の栄達の背景には、阿閉皇女の信頼を受けた三千代の存在があったと考えられている(義江 2009)。
引用元:県犬養三千代 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%8C%E7%8A%AC%E9%A4%8A%E4%B8%89%E5%8D%83%E4%BB%A3

県犬養橘三千代
あがたのいぬかいのたちばなのみちよ

[生]?
[没]天平5(733).1.11. 奈良
県犬養連東人の娘。県狗養とも書く。初め敏達天皇の玄孫美努王 (みぬおう) と結婚し,葛城王 (橘諸兄) ,佐為王らを生み,のち藤原不比等と再婚し,安宿媛 (あすかべひめ,光明子) ,多比能を生む。
引用元:県犬養橘三千代(あがたのいぬかいのたちばなのみちよ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%9C%8C%E7%8A%AC%E9%A4%8A%E6%A9%98%E4%B8%89%E5%8D%83%E4%BB%A3-24339

たちばなのみちよ【橘三千代】

?‐733(天平5)
天武,持統,文武,元明,元正の5朝に任えた女官。もと県犬養(あがたいぬかい)三千代と称する。県犬養東人(あずまひと)の娘。天武朝に出仕するのと前後して美努(みの)王と結婚し,684年(天武13)葛城(かつらぎ)王(橘諸兄)を生み,前年誕生した軽(かる)皇子(文武天皇)の乳母となり,次いで佐為(さい)王(橘佐為),牟漏(むろ)女王(藤原房前(ふささき)室)を生んだ。後に藤原不比等(ふひと)に接近し,彼の長女宮子を文武天皇夫人とすることに成功して急速に親密となり,ついに美努王のもとを去り不比等と再婚した。
引用元:橘三千代(たちばなのみちよ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%A9%98%E4%B8%89%E5%8D%83%E4%BB%A3-93489