「サンチャゴ」ヘミングウェイ「ブランチ」T・ウィリアムズ「キャル・トラスク」「トム・ジョード」スタインベック

062mmhohedevzf
次のアメリカの文学の主人公を
その作品の作者ごとに
グループ分けしなさい

ヘミングウェイスタインベックT・ウィリアムズ作品名
サンチャゴ『老人と海』
ブランチ『欲望という名の電車』
キャル・トラスク『エデンの東』
トム・ジョード『怒りの葡萄』

37%

『老人と海』(The Old Man and the Sea) は、アメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイによる短編小説。1951年に書かれ、1952年に出版された。世界的なベストセラーであり、1954年のノーベル文学賞受賞作とされることもある[1]。
>年老いたキューバの漁師のサンチャゴは、助手の少年と小さな帆かけ舟でメキシコ湾の沖に出て、一本釣りで大型魚を獲って暮らしを立てている。あるとき数ヶ月にわたり一匹も釣れない不漁が続き、少年は両親から、別の船に乗ることを命じられる。助手なしの一人で沖に出たサンチャゴの針に、巨大なカジキが食いついた。
引用元:老人と海 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E4%BA%BA%E3%81%A8%E6%B5%B7

欲望という名の電車
よくぼうというなのでんしゃ
A Streetcar Named Desire

アメリカの戯曲。3幕。 T.ウィリアムズ作。 1947年 12月3日エセル・バリモア劇場初演。南部の没落した名門の娘ブランチを通して,本来娼婦的性情をもちながら貴婦人らしくふるまう努力を続け,優雅なものに憧れつつも欲望に身をまかせずにいられない女の性の挫折と分裂を描いた作品。
引用元:欲望という名の電車(よくぼうというなのでんしゃ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%AC%B2%E6%9C%9B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E5%90%8D%E3%81%AE%E9%9B%BB%E8%BB%8A-145991

エデンの東
えでんのひがし
East of Eden

アメリカの作家ジョン・スタインベックの長編小説。1952年刊。「創世記」の骨肉の争いを踏まえ、トラスク家3代の歴史をたどり、人間に潜む原罪と救いの可能性を追う。罪を負って神の前を去り、エデンの東に住まなければならなかったカインの末裔(まつえい)には救いが残されているか、それとも自由意志の余地は永遠に閉ざされているのか。この主題と交錯し、作者の一族ハミルトン家の歴史も語られ、「個人のさまよい求め歩く心」に人間の救いと価値をみいだそうとする。[稲澤秀夫]
引用元:エデンの東(エデンノヒガシ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%9D%B1-688104#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

怒りの葡萄
いかりのぶどう
The Grapes of Wrath

アメリカ合衆国の小説家ジョン・E.スタインベックの小説。1939年刊。オクラホマの農民ジョード一家は干魃と大資本の進出のために土地を追われ,ぼろ自動車に乗って豊かな土地と目されているカリフォルニアへ移住する。
引用元:怒りの葡萄(いかりのぶどう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%80%92%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%91%A1%E8%90%84-30064#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89