ルーブル美術館最大『カナの婚礼』パオロ・ヴェロネーゼ

044zvupppfssgr
ルーブル美術館所蔵の絵画で
最も大きい作品は?
『聖アンナと聖母子』168×112cm レオナルド・ダ・ビンチ
『シテール島への脱出』129×194cm アントワーヌ・ヴァトー
『カナの婚礼』(答)666×990cm パオロ・ヴェロネーゼ
『ナポレオン1世の戴冠式』629×926cm ダヴィッド
62%

cimg2733
cimg2734
ルーブル美術館所蔵の絵画
『民衆を率いる自由の女神』
の作者はドラクロワですが

『ナポレオン1世の戴冠式』
の作者は?
ベラスケス
ドラクロワ
ダヴィッド(答)
ラファエロ

ですが
『マルガリータ王女』の作者は?
ベラスケス(答)

『美しき女庭師』の作者は?
ラファエロ(答)

『マリー・ド・メディシスの生涯』の作者は?
ルーベンス(答)

『メデュース号の筏』の作者は?
ジェリコー(答)

cimg2012seromhfmymnj
その創始者が
ナポレオンのいた馬車の暴走を
取り押さえたという逸話で
有名な宝飾ブランドは?
モーブッサン
ブルガリ
ショーメ(答)
シャネル


1780年にパリで創業された皇帝ナポレオン1世の時代に御用達宝石商に指定されたことで有名なジュエリーブランドは?
CHAUMET(答)
ショーメ

パオロ・ヴェロネーゼ(伊: Paolo Veronese、1528年 – 1588年4月19日)は、ルネサンス期のヴェネツィアで活動したイタリア人画家。『カナの婚礼』、『レヴィ家の饗宴』などの作品で知られる。パオロ・カリアーリ (Paolo Cagliari, Paolo Caliari ) と呼ばれることもあるが[1]、出身地のヴェローナから「ヴェロネーゼ」として知られるようになった。
ヴェロネーゼはティツィアーノとティントレットと並んで、ルネサンス後期のヴェネツィアを代表する画家であると評価されている。非常に優れた色彩感覚の持ち主で、フレスコ、油彩ともに幻想的な色使いの装飾的絵画作品で知られている。ヴェロネーゼのもっとも有名な作品は劇的で色彩に満ちたマニエリスム様式で描かれた精緻かつ物語性豊かな連作絵画群で、壮重な建築物と壮麗な画面構成が特徴である。ヴェネツィアとヴェローナの修道院の食堂をモデルとした、聖書に書かれた饗宴のエピソードを題材とした大規模な絵画群はとくに重要な作品となっている。異端審問におけるヴェロネーゼの言葉は、当時の芸術に対する識見として引用されることも多い。

>カナの婚礼[編集]

『カナの婚礼』(1562年 – 1563年)
ルーヴル美術館(パリ)
『カナの婚礼』はバルバロ邸と同じくアンドレーア・パッラーディオとの共作となった作品で、『新約聖書』の『ヨハネ福音書』2章1-11節に記述されている、ガリラヤのカナで催された婚宴に招待されたキリストが水をワインに変えたとする、キリストが起こす最初の奇跡のエピソードが描れている。1562年にヴェネツィアのサン・マルク島サン・ジョルジョ・マッジョーレ修道院のベネディクト会修道僧から依頼を受けて制作された。このときの制作契約条件として、66平方メートルの壁を覆う巨大な絵画とすることがうたわれており、使用する顔料の品質と種類も最上級のものが求められている。
引用元:パオロ・ヴェロネーゼ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BC

■カナの婚宴 (Nozze di Cana) 1562-1563年
666×990cm | Oil on canvas | Musee du Louvre, Paris

ヴェネツィアのサン・ジョルジョマッジョーレのベネディクト会修道院のために制作されたヴェロネーゼの代表作『カナの婚宴』。カナという村で催された婚礼の儀式の際に、足りなくなったブドウ酒を、キリストの奇蹟で酒瓶に満たした場面を描く≪カナの婚宴≫で、本作は、ヴェネツィア派らしい鮮やかな色彩で大人数を描くことを得意としていたヴェロネーゼの作風がよく表れている。
引用元:パオロ・ヴェロネーゼ-カナの婚宴-(画像・壁紙) http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/veronese_cana.html