「ジョセフィン・フォード号」リチャード・バードが航空機で北極点到達

042gjjmzqrqfjd
1926年にリチャード・バードが
航空機による初の北極点上陸を
達成した際乗っていた飛行機は?
テラ・ノバ号
フラム号
ノルゲ号
ジョセフィン・フォード号(答)
イタリア号
32%


探検家ロバート・スコットが1912年にアムンゼンにわずか一ヶ月遅れて南極点に到達した時に乗っていた船の名前は?
テラ・ノバ号(答)

スロット
イタリアのノビレが設計しアムンゼンらと共に登場した1926年に史上初めて北極点上空を飛んだ飛行船は◯◯◯号?
ノルゲ(答)
「ノルゲ号」

リチャード・イヴリン・バード(Richard Evelyn Byrd, 1888年10月25日 – 1957年3月11日)は、アメリカ合衆国の探検家。海軍少将。
>1926年5月9日に航空機による初の北極点到達を成し遂げる。使用機はフォッカー3発機「ジョセフィン・フォード」号。スピッツベルゲンのキングスベイから北極点までを15時間で往復した。
1927年にはフォッカー3発機「アメリカ」号でオルティーグ賞の懸った大西洋横断飛行に挑戦するが、事故などで出発が遅れ、横断に成功(ただしノルマンディーに不時着)したのはリンドバーグの1か月以上後の6月29日-7月1日だった。
また、1929年11月28日から29日にかけて、南極大陸ロス氷原のリトル・アメリカ基地から南極点までの往復と初の南極点上空飛行に成功した。乗務員はバードを含め4名。使用機はフォード4AT・3発機「フロイド・ベネット」号。飛行時間は15時間51分。
この南北両極への飛行成功により、国民的英雄となった。
引用元:リチャード・バード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89

ロバート・ファルコン・スコット(Robert Falcon Scott, 1868年6月6日 – 1912年3月29日)は イギリス海軍の軍人。南極探検家としても知られ、1912年に南極点到達を果たすが、帰途遭難し、死亡した。
>1910年から1912年にかけて、南極探検(テラ・ノヴァ号の探検)が行われた。学術調査だけでなく、ノルウェーと人類史上初の南極点到達を競うことになる(後述)が、2着に終わり、さらに帰路1912年3月29日、死去した。43歳没。同年10月に救援隊により遺体が確認され、遺品の一部が回収された。 ロンドンのウォータールー・プレイスには、フランクリン遠征を率いての北極探検の半ばに死亡したジョン・フランクリンの銅像と並び立つように、スコットの像が建てられている。この銅像は、キャサリン夫人が製作したものである。
引用元:ロバート・スコット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88

ナンセンのフラム号遠征(ナンセンのフラムごうえんせい、英: Nansen’s Fram expedition)は、1893年から1896年に、ノルウェーの探検家フリチョフ・ナンセンが、北極海の東から西に向かう自然の潮流を利用して、地理上の北極点に到達しようとした試みである。ナンセンは、他の極圏探検家達から多くの否定的見解を述べられていたが、その遠征船フラム号で北極海東部のノボシビルスク諸島に向かい、叢氷の中に船を凍結させ、そのまま漂流して北極点に運んでくれるのを待った。漂流の緩りとした速度と不安定な性格に耐えられず、18か月後にナンセンと選ばれた隊員であるイェルマー・ヨハンセンが船を降り、犬橇のチームと共に北極点を目指した。結局北極点には達しなかったが、それまでの最北端である北緯86度13.6分の記録を作り、その後は長期間氷と海を渡って、ゼムリャフランツァヨシファに無事帰還した。一方フラム号は西への漂流を続け、最後は北大西洋に出てきた。
引用元:ナンセンのフラム号遠征 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%8F%B7%E9%81%A0%E5%BE%81

ウンベルト・ノビレ(Umberto Nobile, 1885年1月21日 – 1978年7月30日)は、イタリア王国の探検家、軍人、航空技術者。近代における飛行船設計の権威として知られ、初めて北極点上空を飛んだと考えられている半硬式飛行船ノルゲを設計した。次に設計した飛行船イタリア号の墜落事故により空軍を退役したが、その後もソ連の飛行船開発に携わるなど研究を続けていた。
冷戦期に名誉を回復され、イタリア空軍から中将の地位を与えられた他、ナポリ大学の教授などを務めた。
引用元:ウンベルト・ノビレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%93%E3%83%AC

ノルゲ(Norge、「ノルウェー」の意)は、1926年5月12日、初めて北極点上空を飛んだと広く考えられているイタリア製の半硬式飛行船である。ヨーロッパ・アメリカ間の北極の氷冠を初めて飛び超えた航空機でもある。
この探検はリーダーである極地探検家ロアール・アムンセン、飛行船の設計者でありパイロットでもあるウンベルト・ノビレ、および資金を提供したノルウェー飛行クラブに属するアメリカの探検家リンカーン・エルズワースらによって行われた。
引用元:ノルゲ (飛行船) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%82%B2_(%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E8%88%B9)