「サンチョ・パンサ」『ドン・キホーテ』の従者

060rjmbxqepume
スペインの作家セルバンテスの
小説『ドン・キホーテ』で
ドン・キホーテと共に旅をする
従者の名前は?
チンサョパサ・ン
サンチョ・パンサ(答)
55%

cimg5750hiilkasdouxd
次の文字列を順に選んで
小説『ドン・キホーテ』に
登場する田舎娘の名前にしなさい
ドゥル
シネア
デル
トボーソ
「ドゥルシネーア・デル・トボーソ」

069iPXEbzM
2015年6月にドンキホーテの代表
取締役を退き、創業会長兼最高
顧問となる実業家は◯◯隆夫?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
やすだ(答)
安田隆夫
38%
引用元:「安田隆夫」ドン.キホーテ創業者 創業会長兼最高顧問に http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/26718/

『ドン・キホーテ』(Don Quijote、Don Quixote)[1]は、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説。
>騎士道物語(当時のヨーロッパで流行していた)を読み過ぎて妄想に陥った郷士(下級貴族)の主人公が、自らを伝説の騎士と思い込み、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」(「ドン」は郷士より上位の貴族の名に付く。「デ・ラ・マンチャ」は「ラ・マンチャ地方の」の意で、出身地を表す。つまり「ラ・マンチャの騎士・キホーテ卿」と言った意味合い)と名乗り、痩せこけた馬のロシナンテにまたがり、従者サンチョ・パンサを引きつれ遍歴の旅に出かける物語である。

>ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ
本編の主人公。本名をアロンソ・キハーノというラ・マンチャのとある村に住む郷士であるが、騎士道物語の読み過ぎで現実と物語の区別がつかなくなってしまい、遍歴の騎士に成り切って、老馬のロシナンテと共に世の中の不正を正す旅に出る。自分をとりまく全てを騎士道におきかえて認識して暴れ回り次々とトラブルを巻き起こすが、騎士道に関係しないところではいたって理性的で思慮深い人物。もっとも尊敬する騎士はアマディス・デ・ガウラである。二つ名は「憂い顔の騎士(渋面の騎士)」、後に「ライオンの騎士」。

>サンチョ・パンサ
「パンサ」は「太鼓腹」の意。ドン・キホーテの近所に住んでいる農夫。「将来島を手に入れたあかつきには統治を任せる」というドン・キホーテの約束に魅かれ、彼の従士として旅に同行する。奇行を繰り返すドン・キホーテに何度も現実的な忠告をするが、大抵は聞き入れられず、主人とともにひどい災難に見舞われる。無学ではあるが、様々な諺をひいたり機智に富んだ言い回しをする。移動にはロバを使用している。

>ドゥルシネーア・デル・トボーソ (ドルシネア)
近くの村のアルドンサ・ロレンソという百姓娘を元にドン・キホーテが作り上げた妄想上の貴婦人。ドゥルシネーアの美しさ・気だてのよさ・その他の美点を世界中の人々に認めさせるのがドン・キホーテの遍歴の目的のひとつである。
引用元:ドン・キホーテ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%86