デリー・スルタン王朝「奴隷王朝」「ハルジー朝」「トゥグルク朝」「サイイド朝」「ローディー朝」

050rugetgggrqd
次のうち、デリー・スルタン朝の
イスラム王朝を全て選びなさい
ガズナ朝
ゴール朝
サイイド朝(答)
34%

lxphtmpfeyd
引用元:イスラム世界の歴史 5 ファーティマ朝、ブワイフ朝、セルジューク朝、アイユーブ朝ほか / 世界史 by ピアソラ |マナペディア| http://manapedia.jp/text/1823

デリー・スルターン朝(デリー・スルターンちょう、Delhi Sultanate)は、13世紀初頭から16世紀初め(1206年 – 1526年)までの約320年間デリーを中心に主として北インド[1]を支配した5つのイスラーム王朝の総称。名称に関しては、デリー・スルタン朝、デリー諸王朝、デリー・サルタナットなど様々ある。
>具体的には、次の5王朝を指す。このうちローディー朝のみアフガン系で、そのほかはトルコ系の王朝である。
奴隷王朝(1206年 – 1290年)
ハルジー朝(ヒルジー朝、1290年 – 1320年)
トゥグルク朝(1320年 – 1414年)
サイイド朝(1414年 – 1451年)
ローディー朝(1451年 – 1526年)
引用元:デリー・スルターン朝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E6%9C%9D