けんかいふき「狷介不羈」意思を保ち束縛されないこと

084ruqlzbvnort
信念を固く守り、誰にも
束縛されずに行動すること
狷介不羈
けんかいふき(答)
28%

読み方 けんかいふき
意味 意志を固く保って、なにものにも縛られないこと。
「狷介」は自分の意志を難く守り、決して妥協しないこと。
「不羈」は決して縛られないこと。
引用元:「狷介不羈」(けんかいふき)の意味 http://yoji.jitenon.jp/yojig/3325.html

けん‐かい【×狷介】

[名・形動]頑固で自分の信じるところを固く守り、他人に心を開こうとしないこと。また、そのさま。片意地。「―な人」「―不羈 (ふき) 」
[派生]けんかいさ[名]
けんかいここう【狷介孤高】
狷介で、ひとり超然としていること。「―の士」
引用元:けんかい【狷介】の意味 – goo国語辞書 http://dictionary.goo.ne.jp/jn/69250/meaning/m0u/

ふ‐き【不×羈/不×羇】

[名・形動]《「羈」「羇」ともに、つなぐ意》
1 物事に束縛されないで行動が自由気ままであること。また、そのさま。「独立―」
2 才能などが並はずれていて、枠からはみ出すこと。また、そのさま。「―の才」
「或は英人の支配を受くる者あり。或は―なる者あり」〈柳河春三編・万国新話〉
引用元:不羈/不羇(フキ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%8D%E7%BE%88-616853

「羈」について

部首 网 罒 㓁
あみがしら・あみめ・よこめ
画数 24画
音読み キ
訓読み おもがい
たづな
たび
たびびと
つな(ぐ)
とりし(まる)
意味 おもがい。たずな。
つなぐ。つなぎとめる。とりしまる。
旅人。旅をする。旅ずまい。旅暮らし。
引用元:「羈」の部首・画数・読み方・意味など http://kanji.jitenon.jp/kanjil/5598.html