てっけつ「剔抉」あばきだすこと 「爬羅剔抉(はらてっけつ)」隠れた人材を広くもとめること

763oxmgboghhla
悪事などをあばき出すこと
剔抉
てっけつ(答)
41%

てっ‐けつ〔テキ‐〕【×剔×抉】

[名](スル)えぐりだすこと。特に、欠点や悪事を、あばきだすこと。「汚職事件を剔抉する」
引用元:剔抉(テッケツ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%89%94%E6%8A%89-576140

はら-てきけつ【爬羅剔抉】

爬羅剔抉 意味
隠れた人材を、あまねく求めて用いること。また、人の欠点や秘密をあばき出すこと。つめでかき集め、えぐり出す意から。▽「爬」はつめなどでかき寄せる、「羅」は網で鳥を残らず捕る意。「剔」「抉」はともに、そぎ取る、えぐり取る意。「爬羅」があまねく人材を求めることで、「剔抉」が悪い者を除き去る意とする説もある。

爬羅剔抉 出典
韓愈かんゆ「進学解しんがくかい」
引用元:爬羅剔抉の意味 – 四字熟語一覧 – goo辞書 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E7%88%AC%E7%BE%85%E5%89%94%E6%8A%89/m0u/

「剔」について
部首 刀 刂
かたな・りっとう
画数 10画
音読み テイ [2]
テキ [1]
訓読み えぐ(る)
そ(る)
意味 [1] えぐる。えぐりだす。取り除く。
[2] そる。髪の毛やひげなどをそる。
漢検 1級
JIS水準 JIS第2水準
引用元:「剔」の部首・画数・読み方・意味など http://kanji.jitenon.jp/kanjig/3179.html