第一次伊藤内閣「大隈重信」「山県有朋」「松方正義」

043HKXlBNG
次のうち、第一次伊藤内閣で
大臣を務めた人を全て選びなさい
三条実美
大隈重信(答)外務大臣
山本権兵衛
桂太郎
山県有朋(答)内務大臣
西園寺公望
45%

CIMG6102
V音を表すのに
初めて「ヴ」を用いたのは
大隈重信である
×(答)
◯福沢諭吉

◯×
日本で初めてランドセルを使ったといわれる大正天皇に入学祝いにランドセルを送った人物は大隈重信である
×(答)
◯伊藤博文

069QIhRERC
次のうち
大隈重信が務めた大臣を
全て選びなさい
外務大臣(答)
大蔵大臣
文部大臣
農商務大臣(答)
内閣総理大臣(答)
引用元:大隈重信が務めた大臣「外務大臣」「農商務大臣」「内閣総理大臣」 第1回衆議院議員総選挙の議席獲得政党「立憲自由党」「大成会」「立憲改進党」「国民自由党」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21937/

第1次伊藤内閣(だい1じいとうないかく)は、参議の伊藤博文が第1代内閣総理大臣に任命され、1885年(明治18年)12月22日から1888年(明治21年)4月30日まで続いた日本の内閣である。
太政官達第69号により太政官制を廃止し、代わりに創設された内閣制に基づいて成立した、日本最初の内閣である。内閣制の発足と同時にその運営について規定した内閣職権が制定された。

>来るべき立憲体制に備えた国家機構の確立を目指した。いわゆる藩閥出身者が殆どを占め、長州藩・薩摩藩出身者を各4名ずつ入閣させる(ただし、薩摩閥の中核と見られていた黒田清隆は当初入閣せず)などのバランス重視型の布陣となった。
引用元:第1次伊藤内閣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC1%E6%AC%A1%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%86%85%E9%96%A3

伊藤博文内閣
いとうひろぶみないかく

明治時代の伊藤博文を総理大臣として組織された内閣で、第一次から第四次にわたる。
第一次目次を見る
(1885.12.22~1888.4.30 明治18~21)
1885年12月、明治初年以来の太政官制(だじょうかんせい)が廃止され、新しく内閣制度が創設されて成立した最初の内閣である。閣僚の構成は、伊藤首相をはじめとする長州藩出身の閣僚4人と薩摩藩(さつまはん)出身の蔵相松方正義(まつかたまさよし)以下の4人という薩長藩閥政府としての均衡人事のうえに、土佐藩出身の谷干城(たにかんじょう)を農商務相に、旧幕臣の榎本武揚(えのもとたけあき)を逓相(ていしょう)に加えて成立した。

GNXZtnTuHpy
引用元:伊藤博文内閣(いとうひろぶみないかく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%8D%9A%E6%96%87%E5%86%85%E9%96%A3-818110
引用元:81306024000980.jpg (419×335) https://kotobank.jp/image/dictionary/nipponica/media/81306024000980.jpg