「宮沢トシ」宮沢賢治の妹 『銀河鉄道の夜』カムパネルラのモデルとも

038QouGBVEpsZT
小説『銀河鉄道の夜』の
カムパネルラのモデルとも
いわれる宮沢賢治の妹の
名前は◯◯? ◯を答えなさい
トシ
「宮沢トシ」
42%

『銀河鉄道の夜』(ぎんがてつどうのよる)は、宮沢賢治の童話作品[1]。孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語で、宮沢賢治童話の代表作のひとつとされている。
作者逝去のため未定稿のまま遺されたこと、多くの造語が使われていることなどもあって、研究家の間でも様々な解釈が行われている。この作品から生まれた派生作品は数多く、これまで数度にわたり映画化やアニメーション化、演劇化された他、プラネタリウム番組が作られている。

>主な登場人物[編集]
ジョバンニ
孤独で空想好きな少年。歳は授業内容や仕事から思春期前とわかる。家は貧しく、母親が病気で寝込んでいるので、早朝には新聞配達、学校が終わってからは活版所でアルバイトをしている。父親は長らく家に帰っていない。漁に出ているとジョバンニは信じているが、らっこを密猟して投獄されていると噂され、近所の子供たちはそのことでジョバンニをからかう。別に住む姉がいて、料理を作ってくれたりする。

カムパネルラ
ジョバンニの同級生で友達、父親同士も親友だった。裕福で人気者の優等生として描かれている。彼の母親は石炭袋にいたことから亡くなっていると推察される。しかしジョバンニの「何もひどいことない」という言葉から健在な母親もいるのではないかという見方もあり、一見幸福そうなカムパネルラの複雑な生い立ちが覗われる。他の同級生がジョバンニをからかうときは気の毒そうにしている。ジョバンニとともに銀河鉄道に乗り込み、共に旅する。
現代表記として「カンパネルラ」を採用する書籍もある。
モデルとして名を挙げられる人物に河本緑石、保阪嘉内(この2名は盛岡高等農林学校で賢治と親交があった)、宮沢トシ(賢治の実妹)がいる[13]。
引用元:銀河鉄道の夜 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E9%89%84%E9%81%93%E3%81%AE%E5%A4%9C

そして、トシの最期の言葉を引いた「永訣(えいけつ)の朝」をはじめとする詩群「無声慟哭(どうこく)」を、一気に書き上げる。

 それでも思いは治まらない。翌年の夏、青森・北海道からサハリン南部を巡る旅で、亡き妹の姿を探し求める。さらにこのころ、知人らに配ったとみられる「手紙」に、こう記す。

 ――どなたか、ポーセがほんたうにどうなつたか、知つてゐるかたはありませんか。チユンセがさつぱりごはんもたべないで毎日考へてばかりゐるのです――

 ポーセ=トシの行方を探る旅は、賢治が終生推敲(すいこう)を重ね、ついに未完に終わった「銀河鉄道の夜」まで続いた。
引用元:asahi.com: 宮沢賢治とトシ―岩手・花巻 – 愛の旅人 – トラベル http://www.asahi.com/travel/traveler/TKY200612020129.html