鶴子・幸子・雪子・妙子『細雪』

471vWQOnRFPceF
次の谷崎潤一郎の『細雪』
に登場する四姉妹を
年齢が高い順に選びなさい
鶴子
幸子(さちこ)
雪子
妙子
39%

001BHREQOtoZsl
次のうち
谷崎潤一郎の小説『細雪』に
登場する蒔岡家の四姉妹を
全て選びなさい
妙子(答)
鶴子(答)
文子
51%

◯×
お坊さんの隠語で「妙」とは少年のことである
×(答)
◯少女

『細雪』(ささめゆき)は、日本の作家・谷崎潤一郎の長編小説。全編の会話が船場言葉で書かれた作品である(谷崎自身は東京出身)。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしている。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られる。舞台は阪神間だが、本質的には大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。

あらすじ
大阪船場で古い暖簾を誇る蒔岡家の四人姉妹、鶴子・幸子・雪子・妙子の繰り広げる物語。三女雪子の見合いが軸となり物語が展開する。

>主な登場人物[編集]
蒔岡家
鶴子 – 長女、本家の奥様
辰雄 – 鶴子の婿養子、銀行員
幸子 – 次女、分家の奥様 -「ごりょうんさん」(船場言葉「御寮人さん」= 若奥様)
貞之助 – 幸子の婿養子、計理士
悦子 – 幸子と貞之助の娘
雪子 – 三女
妙子 – 四女 -「こいさん」(船場言葉「小娘さん」= 末娘)
引用元:細雪 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E9%9B%AA