ニザーム・「アル・ムルク」 ニザーミヤ学院を創設したセルジューク朝の宰相

152ShYMuKi
11世紀後半にセルジューク朝の
国内各地にニザーミヤ学院を
創設した同国の宰相は
ニザーム・◯◯◯◯◯◯?
ル・ルクムア
アル・ムルク(答)
「ニザーム・アル=ムルク」
Niẓām al-Mulk Abū
31%

201202060600392c7wwWRIcugYDdC
1038年にセルジューク朝
トルコを建国した人物は
トゥグリル・◯◯?
◯を答えなさい
ベク(答)
トゥグリル・ベク

ですが1299年にオスマン朝
を建国した人物は
オスマン・◯◯?
ベイ(答)
オスマン・ベイ

006ATibGFQ
788年に現在のモロッコに
成立した、フェズを首都
としたイスラム王朝の名前は
◯◯◯◯◯朝?
サラリビス
イーマロド
アドーヒト
イドリース(答)
「イドリース朝」

043KxLPrTfwxt
873年に現在のイラン東部に
成立した、ブハーラーを首都
としたイスラム王朝は
◯◯◯◯◯朝?
イドマビス
ムラリヒド
アワッート
サーマーン(答)
「サーマーン朝」
引用元:「イドリース朝」788モロッコ・首都フェズ「サーマーン朝」873イラン東部・首都ブハーラ 「ムワッヒド朝」1130モロッコ・首都マラケシュ『ナバス・デ・トロサの戦い』 「サファヴィー朝」タブリーズ・イスファハーン・カズヴィーン http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/6429/

ニザームルムルクまたはニザーム・アル=ムルク(نظام الملك، ابو علي الحسن الطوسي, Niẓām al-Mulk Abū ‘Alī al-Ḥasan al-Ṭūsī、1018年4月10日 – 1092年10月14日)は、セルジューク朝の政治家、学者。君主マリク・シャーを支えてセルジューク朝全盛期を現出したイラン人宰相である。
>ニザームルムルクによって各地に創設されたニザーミーヤ学院(マドラサ)は「マドラサ」という学問施設をイスラーム社会に定着させる切っ掛けとなった。もともと「マドラサ」とはホラーサーン地方で10世紀頃に生じた非常にローカルな学習施設であったようだが、ニザーミーヤ学院によってセルジューク朝以後、イスラーム世界全体に普及するようになった。
引用元:ニザームルムルク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%82%AF

セルジューク朝の最盛期のイラン人宰相。学問の奨励でも有名。その名はニザーミーヤ学院に残る。

11世紀後半、セルジューク朝のアルプ=アルスラーンとマリク=シャーという2代のスルタンに仕えたイラン人の宰相(ワジール)。ニザーム=アルムルクとは「国家の秩序」の意味の称号。ペルシア語を用いて『政治の書』(または『統治の書』)を著し、君主の統治理念を具体的に説き明かした。イクター制では、その所有者の権利と義務を定め、2~3年でイクターを変更し、必要があれば中央から調査官を派遣する、とした。またスンナ派イスラーム教を復興させようとしてニザーミーヤ学院を創設して学問を奨励した。アラビア文学を代表する『ルバイヤート』の作者として知られる詩人であり、ジャラーリー暦を編纂したウマル=ハイヤームもこの時代に活躍したイラン人で、ともにイラン=イスラーム文化を代表する人物である。
引用元:ニザーム=アルムルク http://www.y-history.net/appendix/wh0502-009.html

ニザーム・アルムルク【Niẓām al‐Mulk】

1018‐92
イラン人の政治家。名は〈国の統治者〉を意味する。ホラーサーンのトゥースに近い町の地主の家に生まれる。初めガズナ朝のホラーサーン総督に仕え,次にセルジューク朝のチャグリー・ベクのもとに転じ,アルプ・アルスラーン,マリク・シャーの2代のスルタンのワジール(宰相)となった。両スルタンの実質的なアター・ベク(養育者,後見人)でもあり,自らも私兵を擁し政治の実権を握って,行政組織,軍隊,イクターの整備などの改革を行った。
引用元:ニザーム・アルムルクとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8B%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BD%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%82%AF-1192499

イスラム世界の歴史 5 ファーティマ朝、ブワイフ朝、セルジューク朝、アイユーブ朝ほか
QDpGeBq
yRzbvdy
引用元:イスラム世界の歴史 5 ファーティマ朝、ブワイフ朝、セルジューク朝、アイユーブ朝ほか / 世界史 by ピアソラ |マナペディア| http://manapedia.jp/text/1823