「メトロポリタン美術館」『トレド風景』『糸杉』ニューヨーク5番街

028lMXYkrc
フェルメール『少女の頭部』
エル・グレコ『トレド風景』
スーラ『サーカスの客寄せ』
ゴッホ『糸杉』
ニューヨーク近代美術館
エルミタージュ美術館
グッゲンハイム美術館
メトロポリタン美術館(答)


所在地はニューヨーク5番街
ロックフェラーやモルガンが寄贈
大貫妙子のヒット曲
エル・グレコの『トレド風景』
メトロポリタン美術館(答)

連想
ゴッホの『星月夜』
マティスの『ダンス』
ダリの『記憶の固執』
ルソーの『眠るジプシー』
ニューヨーク近代美術館(答)

連想
ピカソ『扇を持つ女』
ルノワール『鞭を持つ子供』
カラヴァッジョ『リュート奏者』
マティス『赤の食卓』
エルミタージュ美術館(答)

連想
黄金の馬車
エカテリーナ2世の所蔵品 
フランス語で「隠れ家」の意
サンクトペテルブルクの美術館
エルミタージュ美術館(答)

連想
デ・キリコ『赤い塔』
ピカソ『黄色い髪の女』
カンディンスキー『多様な動き』
マティス『イタリア女』
グッゲンハイム美術館(答)

連想
所在地はニューヨーク5番街
アメリカの鉱山王のコレクション 
かたつむりのような外観
フランク・ロイド・ライトが設計
グッゲンハイム美術館(答)

連想
ローランサン『雌鹿』
ピカソ『大きな浴女』
モディリアニ『赤毛の娘』
モネ『睡蓮』
オランジュリー美術館(答)

連想
ボス『快楽の園』
ベラスケス『ブレダの開城』
ゴヤ『着衣のマハ』『裸のマハ』
スペイン・マドリードの美術館
プラド美術館(答)

連想
『ミロのビーナス』
『サモトラケのニケ』
ダ・ヴィンチ『モナリザ』
フランス・パリの美術館
ルーブル美術館(答)

連想
ハンス・スローン卿
エルギン・マープル
ロゼッタストーン
イギリスのロンドン
大英美術館(答)

CIMG1230
ピカソの代表作『ゲルニカ』を
現在、展示している美術館は?
ソフィア王妃芸術センター(答)
プラド美術館
グッゲンハイム美術館
メトロポリタン美術館
引用元:スペイン出身「ダリ」「ベラスケス」「ピカソ 」「ジョアン・ミロ」 『ブレダの開城』ベラスケス 『星座シリーズ』ジョアン・ミロ 『 ポルト・リガトの聖母』ダリ ピカソの時代「 青」「バラ色」「キュビズム」「新古典」「シュルレアリスム」 製菓のピカソ「ピエール・ エルメ」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/24513/

メトロポリタン美術館(メトロポリタンびじゅつかん、英: The Metropolitan Museum of Art、通称:The Met)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある世界最大級の美術館。5番街(ニュージアム・マイルの区間)に面するセントラル・パークの東端に位置する。
>メトロポリタンの特色は、そのコレクションの幅がきわめて広く、古今東西問わずあらゆる時代、地域、文明、技法による作品を収集していることにある。そして最大の特色は、これだけの規模の美術館が、国立でも州立でも市立でもない、純然とした私立の美術館である点である。入館料が美術館側の「希望額」として表示されているのも名物で、懐事情の苦しそうな美大生だと少々欠けても大目に見てくれたり、いかにも裕福そうな紳士淑女には気前の良さを期待していることが言外にほのめかされたりする。
引用元:メトロポリタン美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%B3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

ニューヨーク近代美術館(ニューヨークきんだいびじゅつかん、英: The Museum of Modern Art, New York)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市にある、近現代美術専門の美術館である。
マンハッタンのミッドタウン53丁目に位置し、1920年代から「ザ・モダン」と呼ばれたモダンアートの殿堂。
英文館名の頭文字をとって「MoMA(モマ)」と呼ばれて親しまれるニューヨーク近代美術館は、20世紀以降の現代美術の発展と普及に多大な貢献をしてきた。
>2005年の新館完成に伴い入場料が12ドルから20ドルへ値上げされ、これはニューヨーク市の美術館のなかでは最も高い入場料でもあり、MoMAがニューヨークにもたらす波及効果と共にさまざまな賛否両論を巻き起こした。なお、毎週金曜日の午後 4時以降は、入場料は無料になる。この企画のスポンサーは2013年よりユニクロとなっている。(2015年3月現在の入館料は25ドル。)
10万点以上の所蔵品を誇るMoMAは、近現代美術の殿堂として、活発な活動を続けている。
引用元:ニューヨーク近代美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

エルミタージュ美術館(エルミタージュびじゅつかん、露: Эрмитаж エルミターシ、英: Hermitage Museum)は、サンクトペテルブルクにあるロシアの国立美術館。 1990年に世界遺産(サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群)に包括登録されている。
>ロシア語の正式名称はГосударственный Эрмитаж(国立エルミタージュ)。「エルミタージュ」とはフランス語でHermitage、(隠遁者/世捨て人)の部屋という意味である。
引用元:エルミタージュ美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

グッゲンハイム美術館 (Guggenheim Museum) は、ソロモン・R・グッゲンハイム財団が運営する美術館。1937年 ニューヨーク市にソロモン・R・グッゲンハイム美術館設置、以降世界各地に展開。
引用元:グッゲンハイム美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A0%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

オランジュリー美術館(オランジュリーびじゅつかん、仏: Musée de l’Orangerie)はフランスのパリにある印象派とポスト印象派の美術館である。
>セザンヌ、マティス、モディリアーニ、モネ、ピカソ、ルノワール、シスレー、スーティンなどの作品を収蔵している。
引用元:オランジュリー美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

プラド美術館(プラドびじゅつかん、西: Museo National del Prado)は、スペイン・マドリードにある美術館。歴代のスペイン王家のコレクションを展示する美術館である。
>メインとなるビリャヌエバ館の建物は、1785年にカルロス3世が、自然科学に関する博物館を作るため、フアン・デ・ビジャヌエバに設計させたものである。しかし博物館として使われることはなく、カルロス3世の孫のフェルナンド7世 (スペイン王)が妻マリア・イサベル・デ・ブラガンサの進言を受けて美術館とした。
引用元:プラド美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%89%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

ルーヴル美術館(ルーヴルびじゅつかん、仏: Musée du Louvre)は、パリにあるフランスの国立美術館。世界最大級の美術館(博物館)であるとともに世界最大級の史跡のひとつで、パリ中心部1区のセーヌ川の右岸に位置する。収蔵品380,000点以上。先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されている。世界で最も入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れている[2]。フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも包括登録されている[3]。
ルーヴル美術館は、フランス王フィリップ2世が12世紀に、もともと要塞として建設したルーヴル城(ルーヴル宮殿)に収容されている。現在の建物にも要塞として使用されていた当時の面影が一部残っているが、幾度となく増改築が繰り返されて、現在のルーヴル宮殿の建物となっている。
引用元:ルーヴル美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%AB%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

大英博物館(だいえいはくぶつかん、英: British Museum)は、イギリス・ロンドンにある博物館である。
>世界最大の博物館の一つで、古今東西の美術品や書籍や略奪品など約800万点が収蔵されている(うち常設展示されているのは約15万点)。収蔵品は美術品や書籍のほかに、考古学的な遺物・標本・硬貨やオルゴールなどの工芸品、世界各地の民族誌資料など多岐に渡る。イギリス自身のものも所蔵・展示されている。余りに多岐にわたることから、常設展示だけでも一日で全てを見ることはほぼ不可能である。[3]
引用元:大英博物館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%8B%B1%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8