『十三夜』樋口一葉の小説「栗名月」「豆名月」

104zfzvmnvqode
次のうち
旧暦の9月13日・十三夜の
別名となっている言葉を
全て選びなさい
栗名月(答)くりめいげつ
豆名月(答)まめめいげつ
芋名月 いもめいげつ
27%

439wOWDMBj
次のうち明治の女流作家
樋口一葉の作品にあるのは?
『十三夜』(答)
『十四夜』
『十六夜』
『十五夜』
37%

CIMG8895mDvwXhqLuhsd
CIMG8896jVicDYYWykJV
日本で古来から月見の対象に
なってきた、旧暦の8月15日
十五夜の別名は芋名月ですが

旧暦の9月13日・十三夜の
別名は?
米名月
芋名月
瓜名月
豆名月(答)

042vfHitEjcfs
旧暦8月15日、中秋の名月の
別名「芋名月」。このイモとは
どんなイモを意味する?
ヤマイモ
サトイモ(答)
サツマイモ
ジャガイモ
引用元:月の別名7月「愛逢月(めであいづき)」「袖合月」「女郎花月」 2月「雪消月ゆきげつき」5月「吹雪月ふぶきづき」「多草月」10月「小六月ころくがつ」11月「雪待月」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/11144/

じゅうさんや【十三夜】

①陰暦13日の夜。
②陰暦9月13日の夜。月をまつり,枝豆や栗を供えることが多いことから8月十五夜の月を芋名月というのに対して,豆名月・栗名月とも,また「後のちの月」ともよばれる。十五夜・十三夜の一方の月見を欠かすことを片月見といって忌む風がある。日本固有の習俗で,かつては秋の収穫祭の一つだったと考えられている。 [季] 秋。 《 みちのくの如く寒しや- /山口青邨 》

じゅうさんや【十三夜】

小説。樋口一葉作。1895年(明治28)発表。酷薄な夫にもただ耐えるほかはない女主人公を通し,封建的な社会に生きる女性の悲惨を描く。
引用元:十三夜(じゅうさんや)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%8D%81%E4%B8%89%E5%A4%9C-76998

十三夜

樋口一葉
引用元:樋口一葉 十三夜 http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/386_15291.html