「唐」618-907 飛鳥時代から平安時代

055HWmfywS
中国で唐が成立したとき
日本は何時代だった?
平安時代
飛鳥時代(答)
安土桃山時代
室町時代
53%

唐(とう、拼音: Táng、618年 – 907年)は、中国の王朝である。李淵が隋を滅ぼして建国した。7世紀の最盛期には、中央アジアの砂漠地帯も支配する大帝国で、朝鮮半島や渤海、日本などに、政制・文化などの面で多大な影響を与えた。日本の場合は遣唐使などを送り、894年(寛平6年)に菅原道真の意見で停止されるまで、積極的に交流を続けた。首都は長安に置かれた。
690年に唐王朝は廃されて武周王朝が建てられたが、705年に武則天が失脚して唐が復活したことにより、この時代も唐の歴史に含めて叙述することが通例である。
日本では唐の滅亡後も唐、唐土の語はそれ以降の王朝、さらには外国全般を漠然と指す語として用いられた。しかし、天竺同様昔の呼称のため、正確に対応するわけではない。詳しくは中国を参照のこと。
引用元:唐 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90

飛鳥時代から奈良時代、日本の律令政府が唐に派遣した使節。

聖徳太子時代の遣隋使に続き、630年、犬上御田鍬らが派遣されたのが第1回。日本は舒明天皇、大臣は蘇我蝦夷だった。618年に成立した唐では太宗の貞観の治の時代にあたる。太宗は632年、第1回遣唐使の帰国に同行させ、高表仁を日本に派遣している。遣唐使の派遣は、白村江の戦いなどの日本と唐・新羅の関係の悪化から、幾度か中断されながら、9世紀まで15回派遣されている。遣唐使は通常4隻の船から構成され「よつのふね」と言われた。また当初は朝鮮半島沿いの北路がとられたが、新羅との関係が悪化してからは東シナ海を横断する南路をとるようになり、途中で難破することも多かった。遣唐使に従って吉備真備・僧玄昉など留学生・留学僧が唐の文化を日本に持ち帰り、天平文化を開花させた。また754年には唐から高僧鑑真が日本に渡り、唐招提寺を建て日本の仏教に大きな役割を果たした。遣唐使を通じての日本と唐の関係は非常に密接であったといえる。(ただし、新羅は唐との冊封関係を結んだが、この時期の日本は唐の皇帝から官名を与えられることはなかった。)894年に菅原道真の建言により、遣唐使は廃止される。
引用元:遣唐使 http://www.y-history.net/appendix/wh0302-092.html

kDOYRRm
引用元:sekaisi-taishou-nenpyou.pdf http://s-yoshida1.my.coocan.jp/souko/db-sekaisi/sekaisi-taishou-nenpyou.pdf