シモン・ド・「モンフォール」1264ヘンリー3世に反乱 下院創設の道を開く

039DdTqwbm
マグナ・カルタを無視した
ジョン王の子・ヘンリー3世に
1258年、反乱を起こした貴族は
シモン・ド・◯◯◯◯◯◯?
フンモルーォ
モンフォール(答)
「シモン・ド・モンフォール」
Simon de Montfor
68%

シモン・ド・モンフォール(Simon de Montfort, 6th Earl of Leicester, 1208年 – 1265年8月4日)は、中世イングランドの貴族(第6代レスター伯)。イングランドの議会制度の基礎を作り上げた人物として有名で、不当な権力に反抗する不屈の闘士として、イングランドでは英雄視されている。
>シモンはヘンリー3世が失政を続けるのを見て、ヘンリー3世に反発する貴族を糾合して挙兵し、1258年に王権制限と貴族による国政監督組織を作ることを定めたオックスフォード条項を認めさせた。しかし1261年、力を盛り返したヘンリー3世がこの条例を一方的に破棄して再び王権強化を図ったため、1263年にシモンは再び挙兵(第2次バロン戦争)して、1265年にはヘンリー3世とその弟コーンウォール伯リチャードを捕らえて戦いに勝利し、イングランドの実権を握るにいたった。そして、イングランドの諸侯や聖職者、騎士から都市の代表などによる議会を召集して政治改革を行なおうとした。
引用元:シモン・ド・モンフォール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB

シモン=ド=モンフォール
イギリスの貴族で、1264年に貴族の反乱を指導し、ヘンリ3世に議会開設を認めさせた。
>当時、国王ヘンリ3世は、前王のジョンが認めたマグナ=カルタを無視して、自己の大陸政策を進めるため、その財源として重税政策をとり、貴族に課税しようとしていた。シモン=ド=モンフォール等の貴族はそれに反発して、1258年には「オックスフォード条項」を国王に認めさせ、貴族の代表による国王の政治に対する監視機関の設置、定期的な議会の招集などを約束させた。
引用元:シモン=ド=モンフォール http://www.y-history.net/appendix/wh0603_2-012.html