「ネリー・ブライ」世界一周で日本も訪問した女性ジャーナリストの草分け

113bRgYuAf
次の歴史上の人物を
性別ごとにグループ分けしなさい

男性女性
ワンガリ・マータイ
ネリー・ブライ
鄭成功

ワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai, 1940年4月1日 – 2011年9月25日)は、ケニア出身の女性環境保護活動家、政治家。ノーベル賞受賞者。
2004年12月10日、「持続可能な開発、民主主義と平和への貢献」により、環境分野の活動家およびアフリカ人女性として史上初のノーベル平和賞を受賞した。また、ナイロビ大学初の女性教授となった人物でもある。関西学院大学、早稲田大学、青山学院大学、お茶の水女子大学名誉博士。
>2005年2月14日から10日間、京都議定書関連行事出席のため来日した際、日本語の「もったいない(モッタイナイ[1])」という言葉を知って感銘を受ける。同年3月の国連女性地位委員会では出席者全員と「もったいない」と唱和した。同年より「MOTTAINAI」キャンペーンを展開する。
>ノルウェー・ノーベル委員会は、2004年度のノーベル平和賞受賞者を発表する席で次のようにコメントした。「マータイは、ケニヤの圧政的な前政権に対し果敢にも立ち上がり、彼女のユニークな運動は政治的抑圧に対して国内、また国際的にも注意を引くのに貢献した。彼女は民主的権利への運動の中で多くの人々にとってインスピレーションとなり、また特に女性の地位向上を促すのに勇気を与えた」。
引用元:ワンガリ・マータイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4

エリザベス・ジェーン・コクラン(Elizabeth Jane Cochran, 1864年5月5日 – 1922年1月27日)は、アメリカ合衆国のジャーナリスト。ネリー・ブライ(Nellie Bly)のペンネームで最もよく知られる。彼女は最初期の調査ジャーナリストであり、暴露報道の開拓者であった。彼女は後にその姓をコクレーン (Cochrane) に変更した。
彼女はペンシルベニア州コクランズ・ミルズで生まれ、洗礼時に来ていた明るいピンク色の服から「ピンク Pink」の愛称で呼ばれるようになった。
コクランはピッツバーグ・ディスパッチ紙の性差別主義のコラムに反論を投稿した。その投稿の質は高く、同紙の編集長は彼女にリポーターとして記事の執筆を依頼した。彼女は当時職を探しており、その依頼を引き受けることとなった。さらに編集長は、スティーブン・フォスターのヒット曲中のタイトル・キャラクター、ネリー・ブライを彼女のペンネームとして与えた。
>1888年に、ジュール・ヴェルヌの『八十日間世界一周』をモデルとして実際にリポーターを世界一周させるという企画が決定し、ネリー・ブライがそのリポーターに決定した。1889年11月14日に彼女はニューヨークを出発し、24,899マイルの旅に出た。
>世界一周の旅行中に彼女はイギリスだけでなく、日本、中国、香港、ブリンディジ、コロンボ、サンフランシスコなどを訪れた。彼女は単独世界一周旅行を行った最初の女性であった。日本には5日間滞在し、横浜、東京、鎌倉などを観光した。日本の印象はすこぶるよかったようで、帰国後に出版した旅行記の中で、日本のことを「愛と美と詩と清潔の国 (the land of love-beauty-poetry-cleanliness)」と評し、見聞きしたことや人々にいかに魅了されたかを綴っている[1]。
引用元:ネリー・ブライ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4
引用元:ネリー・ブライ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4

鄭 成功(てい せいこう、チェン チェンコン、繁体字: 鄭成功; 簡体字: 郑成功; ピン音: Zhèng Chénggōng; ウェード式: Cheng Ch’eng-kung、寛永元年/大明天啓4年7月14日(1624年8月27日) – 大明永暦16年5月8日(1662年6月23日))は、中国明代の軍人、政治家。元の諱は森。字は明儼。日本名は福松[1]。清に滅ぼされようとしている明を擁護し抵抗運動を続け、台湾に渡り鄭氏政権の祖となった。様々な功績から隆武帝は明の国姓である「朱」と称することを許したことから国姓爺とも呼ばれていた。台湾・中国では民族的英雄として描かれており、特に台湾ではオランダ軍を討ち払ったことから、孫文、蒋介石とならぶ「三人の国神」の一人として尊敬されている[1]。鉄人(鉄の甲冑を着込んでいたための呼び名)や倭銃隊と呼ばれた日本式の鎧を身に纏った鉄砲隊や騎馬兵などの武者を巧みに指揮したことでも有名。
引用元:鄭成功 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%84%AD%E6%88%90%E5%8A%9F