『死の棘』島尾敏雄の私小説

053aTPgfDW
1977年にベストセラーとなった
島尾敏雄の小説で、1990年には
小栗康平監督により映画化
されたのは何?
魔が刻
死の棘
黒と家
死の棘(答)
53%

死の棘
島尾敏雄/著
>思いやり深かった妻が夫の〈情事〉のために神経に異常を来たした。ぎりぎりの状況下に夫婦の絆とは何かを見据えた凄絶な人間記録。
引用元:島尾敏雄 『死の棘』 | 新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/116403/

『死の棘』(しのとげ)は島尾敏雄の私小説で代表作。日本文学大賞、読売文学賞、芸術選奨受賞。
極限状態で結ばれた夫婦が、断絶の危機に合い、絆を取り戻そうとする様を情感豊かに描く。
>表題は新約聖書『コリントの信徒への手紙一』第十五章第五十五、五十六節「死の棘は罪なり。罪の力は律法なり。」から。
引用元:死の棘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E3%81%AE%E6%A3%98

島尾 ミホ(しまお みほ、1919年10月24日 – 2007年3月25日)は日本の作家。奄美群島加計呂麻島出身。
夫・島尾敏雄の代表作『死の棘』に登場する「妻」のモデル。『海辺の生と死』で田村俊子賞を受賞。他に『祭り裏』、短編「その夜」など故郷に題材を取った作品が多い。
引用元:島尾ミホ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E5%B0%BE%E3%83%9F%E3%83%9B

『死のとげは罪であり、罪の力は律法です。』(新約聖書 コリント人への手紙第一 15:56)

罪は「死のとげ」によるものです。「死のとげ」すなわち、死がもたらす恐怖が、神に心を向けるのを拒ませるのです。
聖書が教える「死」とは、神との関係が断たれた状態です。本来共にいるべき神との関係が断たれたことで、人は潜在的に恐れや不安を抱いています。これが、人間が行うすべての悪の根本的な原因です。人が罪を犯すのは、人間の本性や人間の中にある何かが問題なのではなく、人の中に入り込んだ死が問題なのです。

>また、「罪の力」とは、神に心を向けさせない力です。律法がその力であるとはどういうことでしょうか。
人は、自分で価値があると思うものに心を向けますから、神に心を向けさせないためには、神以外のものに価値があると思わせれば良いわけです。そこで、見えるものこそ人を幸せにするという価値基準を作ると、その規定に合っているか合っていないかばかりに心が向いて、神に心が向かなくなります。これが律法主義です。 立派なものを持っていると立派な人だと判断するものさしはどこから来たのでしょうか。行いの規定を作り、人を判断するものさしを作り上げてしまったのは、神ではなく私達です。人が作った「ねばならない」という律法は、「そうすれば安心できる」というものです。律法主義は、基準となる律法によってお互いを判断し、幸せや安心を得ようとする働きをしています。
引用元:神木イエス・キリスト教会 http://www.shiboku.net/message2014/m_140119.htm