「エポニム(人名由来)」アキレス腱・ボイコット「アクロニム(各語を頭文字で読む)」スキューバ・レーダー「レトロニム(過去を表すための造語)」白黒テレビ・固定電話・アナログ時計」

160FbGTSHh
CIMG1840xFrTutmqytsJ
次の単語を
その成り立ちをさす言葉ごとに
グループ分けしなさい
51%

エポニムアクロニムレトロニム備考
白黒テレビ
スキューバ self-contained underwater breathing apparatus
アキレス腱ギリシャ神話アキレス
固定電話
アナログ時計
ボイコットアイルランドのチャールズ・ボイコット大尉
レーダーRadio Detecting and Ranging
モールス信号米国発明家サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールス

タイピング
「ピタゴラスの定理」などのように、発見者の名にちなんだ命名を「◯◯◯◯」という?
エポニム(答)

007usxuxhgravr
次のうち「TLA」にあたる略語を全て選びなさい
IT
FBI(答)
NFL(答)
NHK(答)
OL
FIFA
IAEA
PTSD
53%
三文字の略語を選びましょう
Three Letter Abbreviation

CIMG9807bJzVjSoxsBDH
次のうち、人名に由来する
言葉を1つ選びなさい
ボイコット(答)
ドナー ラテン語donator
トロッコ 英語truck転訛
シルエット(答)
エスプレッソ 英語express
ラムネ 英語lemonade転訛
バケツ 英語bucket転訛
リンチ(答)

CIMG3043
次のフランス・ブルボン朝の
政治家とその説明の
正しい組み合わせを選びなさい
ネッケル───ルイ14世の宰相
シルエット───ルイ15世の財務相
マザラン───ルイ16世の財務相
リシュリュー───ルイ13世の宰相
コルベール───ルイ14世の財務相
引用元:ブルボン朝初代国王「アンリ4世」 スペインブルボン朝「フェリペ5世」 「ネッケル」ルイ14世の宰相「マザラン」ルイ15世の財務相「シルエット」ルイ16世の財務相 「アンリ」『ジャスピオン』相棒アンドロイド 「フェリペ・グレゴリオ」ホンジュラスの葉巻 「紙巻きたばこ200本」「葉巻たばこ50本」携帯品免税 http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/24319/

エポニム(英語:eponym)とは、既に存在する事物の名(とくに人名)にちなんで二次的に命名された言葉のこと。元となった人名などのことを名祖(なおや、eponymous)という。
引用元:エポニム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%A0

アクロニム
英語:acronym

複数の単語で構成される言葉の頭文字をとって一つの単語として読むもののこと、あるいは一つの単語として読むこと。「イニシャリズム」と同じく頭字語の一種である。アクロニムは「イニシャリズム」と異なり、構成する頭文字を繋げて一つの単語として読む。例えば軍事同盟名である「NATO(North Atlantic Treaty Organization)」などが当てはまり、単語の読みは「ナトー」である。これがイニシャリズムだと仮定すると、読みは「エヌエーティーオー」となるはずである。
引用元:アクロニムとは – 日本語表現辞典 Weblio辞書 http://www.weblio.jp/content/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%A0

レトロニム(retronym)とは、ある言葉の意味が時代とともに拡張された、あるいは変化した場合に、古い意味の範囲を特定的に表すために後から考案された言葉のことを指す[1]。
「レトロニム」という単語自体は、「過去」を意味するレトロ(retro)と「語」を意味する接尾語(-onym)の合成による[2]。 1980年にナショナル・パブリック・ラジオ局長のFrank Mankiewiczが造語し、コラムニスト William Safireが、ニューヨークタイムズの中で使用したことで広まった[3][4]。
引用元:レトロニム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%A0

由来[編集]

チャールズ・ボイコットの肖像画
1880年頃のアイルランドの土地差配人で、小作人から排斥されたチャールズ・ボイコット大尉(Charles Boycott)の名に由来する[1]。
引用元:ボイコット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88

語源[編集]
「シルエット」の語は、フランス王ルイ15世の財務大臣エティエンヌ・ド・シルエットに由来する。当時フランスは七年戦争が長引いたことで財政難に陥っており、シルエットは特に富裕層に対して厳しい倹約を要求しなければならなかった[1]。写真が登場するまでは、切絵によるシンプルな肖像が人物の特徴を記録する最も安上がりな方法であり[2]、彼はこれを好んだため、このような肖像画、さらには安上がりで済ますことが人々の間で「シルエット」と言われるようになった。
引用元:シルエット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88

リンチ(lynch)
私刑のこと。
法律に基づかないで、特定集団(およびそれ自身が定める独自の規則)により決され、執行される私的な制裁。語源はアメリカ独立戦争時のバージニア州の独立派有力者チャールズ・リンチ(英語版)大佐、同じくバージニア州のウィリアム・リンチ(英語版)判事などに由来する等の諸説あるが、詳細についてはわかっていない[1]。
引用元:リンチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81

TLA(Three Letter Abbreviation)とは、「三文字の略語」という意味の言葉で自身もTLAである。

言葉の意味だけを見れば文字の種類を限定してはいないのだが、主にラテンアルファベット三文字の単語に対して用いられる事が多い。ただし、数字を含む単語もTLAと見なされる場合もある(「MI6」など)。

単語の先頭の文字を使ったものをTLAとし、そうでない三文字の単語や三文字を部分から取り出したものはTLAとはいわないが、便宜上当記事の後半で取り上げる。

たとえばWii(1単語)やDQN(ド:Do – キュ:Q – ン:N),MTV(Music TeleVision)はTLAではない。
引用元:TLAとは (ティーエルエーとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/tla