「金時」の火事見舞い お酒の飲んで真っ赤になること

113vedxayw
お酒を飲んで真っ赤になっている
人のことをたとえて
「◯◯の火事見舞い」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
きんとき(答)
「金時の火事見舞い」
56%

CIMG2496YgnGGgKNBuIi
「きんぴらごぼう」の名の元に
なったとされる坂田金平は
実在しない人物である
○(答)
引用元:「きんぴらごぼう」坂田金平は実在しない 「金平浄瑠璃」坂田金時の子を仮想 http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/17790/

金時(きんとき)の火事見舞い

《顔の赤い金時が火事見舞いに行けば、ますます赤くなるところから》非常に赤い顔のたとえ。飲酒で赤くなった顔などをいう。
引用元:金時の火事見舞い(キントキノカジミマイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%87%91%E6%99%82%E3%81%AE%E7%81%AB%E4%BA%8B%E8%A6%8B%E8%88%9E%E3%81%84-481615

金太郎(きんたろう)は、坂田金時(さかたのきんとき、公時とも)の幼名。または、金太郎を主人公とする昔話、童話の題名である。
>金太郎にはいくつも伝説が存在する。幼児向けの絵本などで流布しているものに近い、静岡県駿東郡小山町の金時神社の伝説は以下のとおりである。
金太郎は天暦10年(956年)5月に誕生した。彫物師十兵衛の娘、八重桐(やえぎり)が京にのぼった時、宮中に仕えていた坂田蔵人(くらんど)と結ばれ懐妊した子供であった。八重桐は故郷に帰り金太郎を産んだが、坂田が亡くなってしまったため、京へ帰らず故郷で育てることにした。 成長した金太郎は足柄山で熊と相撲をとり、母に孝行する元気で優しい子供に育った。
天延4年3月21日(976年4月28日)、足柄峠にさしかかった源頼光と出会い、その力量を認められて家来となった。名前も坂田金時(きんとき)と改名し、京にのぼって頼光四天王の一人となった(四天王には他に渡辺綱、卜部季武、碓井貞光がいる)。
引用元:金太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%A4%AA%E9%83%8E