「寺島宗則」日本電気通信の父と呼ばれた明治の政治家

099behaVkq
明治初期に外務卿を務めた人物で
神奈川県知事時代に国営電信建設
の一切を任されるなど「日本電気
通信の父」と呼ばれるのは誰?
山田市助
藤松宗則
高岡凌雲
寺島宗則(答)
35%

寺島 宗則(てらしま むねのり、1832年6月21日(天保3年5月23日)- 1893年(明治26年)6月6日)は、日本の政治家。爵位は伯爵。元は松木弘安[注 1](まつき こうあん)。通称は寺島改姓後に陶蔵と名乗った。日本の電気通信の父と呼ばれる。第4代外務卿として活躍した。
引用元:寺島宗則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E5%B3%B6%E5%AE%97%E5%89%87

寺島宗則
てらしまむねのり
(1832―1893)

幕末~明治期の政治家。「てらじまむねのり」ともいう。天保(てんぽう)3年5月23日、薩摩(さつま)藩郷士(ごうし)の家に生まれる。医家松木家の養子となり弘安(こうあん)(弘庵、弘菴)と称す。明治維新後に寺島陶蔵(とうぞう)と改名。蘭学(らんがく)を修めて藩医となり、招かれて蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授手伝、遣欧使節に随員を志願、西洋諸国を視察。1863年(文久3)帰藩して御船奉行(おふねぶぎょう)となる。薩英戦争ののち、1865年(慶応1)藩留学生を引率して再度渡欧し、雄藩連合による封建制変革を藩庁に進言する一方、イギリス外相クラレンドンには幕府の貿易独占を非難し、藩との直接貿易を申し入れ、薩英友好、倒幕促進に貢献。明治新政府成立後は参与などに就任、外交担当の開明派官僚として排外事件の難局を処理、西洋文明導入に尽力した。外務大輔(たいふ)を経て1873年(明治6)征韓論争直後、参議兼外務卿(きょう)に就任、条約改正交渉に着手、アメリカとの間で関税権回復に成功したが、他の列強の承認を条件とされたため条約を発効させえなかった。このほかロシアとの間に樺太(からふと)・千島交換条約を締結、1879年辞任ののちは、政界の第一線から退き、元老院議長、枢密院副議長などを務め、伯爵に叙せられている。学者肌で、とくに語学には堪能(たんのう)であった。明治26年6月6日没。[田中時彦]
『寺島宗則研究会編『寺島宗則関係資料集』上下(1987・示人社) ▽犬塚孝明著『寺島宗則』(1990・吉川弘文館)』
引用元:寺島宗則(てらじまむねのり)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%AF%BA%E5%B3%B6%E5%AE%97%E5%89%87-101771