「ヴィッテルスバッハ」家 神聖ローマ帝国皇帝を輩出したドイツの家系

013EwvzLqt
ルートヴィヒ4世、カール7世の
2人の神聖ローマ帝国皇帝を輩出
したバイエルン地方の家系は
◯◯◯◯◯◯◯◯◯家?
ィッヴッバハテツス
ヴィッテルスバッハ(答)
House of Wittelsbach
49%

ヴィッテルスバッハ家(Haus Wittelsbach)は、ドイツのバイエルン地方を発祥とするヨーロッパの有力な君主、諸侯の家系。バイエルンの君主(バイエルン公(選帝侯)、バイエルン王)の家系として有名だが、その他にもプファルツ選帝侯(ライン宮中伯)、ブランデンブルク辺境伯(選帝侯)、スウェーデン王の家系として続いていた。また神聖ローマ皇帝、ギリシャ王も一族から出ている。プファルツ系その他の全ての家系を含めて「バイエルン家」(フランス語:Maison de Bavièreなど)とも呼ばれる。
長い歴史を有する家系であるが、三十年戦争におけるプファルツ選帝侯フリードリヒ5世とバイエルン公マクシミリアン1世に顕著なように、同族内でしばしば内紛を繰り返し、ハプスブルク家やホーエンツォレルン家に遅れを取ることになった。
引用元:ヴィッテルスバッハ家 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E5%AE%B6

ルートヴィヒ4世(Ludwig IV. der Bayern, 1282年 – 1347年10月11日)は、バイエルンのヴィッテルスバッハ家の出身の神聖ローマ皇帝で、上バイエルン公兼ライン宮中伯ルートヴィヒ2世とドイツ王ルドルフ1世の娘マティルダの次男。上バイエルン公兼ライン宮中伯ルドルフ1世の弟。
上バイエルン公(在位:1294年 – 1347年)、神聖ローマ皇帝(在位:1314年 – 1347年)。ライン宮中伯(在位:1319年 – 1329年)、ブランデンブルク辺境伯(在位:1320年 – 1323年)、下バイエルン公(在位:1340年 – 1347年)、ホラント伯、エノー伯、ゼーラント伯(在位:1345年 – 1347年)も兼ねていた。
引用元:ルートヴィヒ4世 (神聖ローマ皇帝) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%924%E4%B8%96_(%E7%A5%9E%E8%81%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E7%9A%87%E5%B8%9D)

カール7世(ドイツ語:Karl VII., 1697年8月6日 – 1745年1月20日)は、ヴィッテルスバッハ家の神聖ローマ皇帝(在位:1742年 – 1745年)。はじめはバイエルン選帝侯(在位:1726年 – 1745年)、後にベーメン王も兼ねた(在位:1741年 – 1743年)。バイエルン選帝侯としてはカール・アルブレヒト(Karl Albrecht)、ベーメン王としてはカレル3世・アルブレフト(チェコ語:Karel III Albrecht)。ルートヴィヒ4世以来のヴィッテルスバッハ家の神聖ローマ皇帝であり、1437年以降唯一の非ハプスブルク系の神聖ローマ皇帝である。
引用元:カール7世 (神聖ローマ皇帝) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB7%E4%B8%96_(%E7%A5%9E%E8%81%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E7%9A%87%E5%B8%9D)